クリップ一つでハンズフリー 新ウェアラブルカメラEW-1 (イー ダブリュー ワン)

(株)エルモ社は、3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」の発売を7月に開始する。
同社は、小型カメラとして2006年にSUV-Cam、2013年にQBiC-S、2014年にQBiC MS-1をリリースし、セキュリティ用途からアクションカメラ用途まで幅広い小型カメラの開発・製造・販売を行ってきた。また一方で「カメラとスマホのホームセキュリティ」としてクラウド型カメラを発売し、IoT市場にも2015年から携わってきた。
そうした中、警備会社や設備メンテナンス会社などでは、ウェアラブル端末やIoTを活用した作業支援や作業効率化を求めるニーズが高まっており、実用化もされている。

◆EW-1の特長
・ハンズフリーで遠隔作業支援可能
WiFi接続対応で遠方からも作業者に適切な指示が可能。
本体付属のクリップで胸ポケットなどに装着可。胸部に装着することで安定した映像撮影を期待することができる。また、専用アタッチメントで三脚ネジにも装着可能。
・対角150度の広角レンズ
水平126度、対角150度の広角レンズを採用し、1台のカメラで広範囲をカバー。
画面揺れにも強い映像を実現する。
・高感度CMOSセンサーを採用
低照度環境でも白黒に切り替わることなくカラーで撮影することができる。
・用途で選べる3タイプ
QBiC CLOUDモード
クラウドに接続し、本部にいながら遠隔にある現場の作業支援を行うことができるモード。弊社クラウドサーバ「ELMO QBiC CLOUD」に対応している。
簡易IPモード
ネットワークカメラとして機能し、ネットワーク経由でカメラにアクセスできるモード。
USBカメラモード
パソコンと接続しウェブカメラとして機能する。
また、microSDカードスロット搭載で簡易IPカメラモード、USBカメラモード利用時にはローカル撮影にも対応する。

(株)エルモ社
http://www.elmo.co.jp/products/security/ew-1/