デジタルハーツ、AI による高拡張型異常検知システムを提供する Aella Data との協業を発表

(株)デジタルハーツは、AI(人工知能)による高拡張型異常検知システムを提供する先進テクノロジーベンダーである Aella Data(エイラデータ)社(米国カリフォルニア州)と協業し、仮想環境およびクラウド環境における不審なイベントを包括的に自動検出するセキュリティソリューションの提供を開始。
サイバー攻撃の攻撃手法は日々高度化しており、企業は進化する攻撃を検知・防御するための新しいセ キュリティツールを導入する必要性に迫られている。しかし一方で、増加するツールの管理・監視や、多数のアラートの対応に追われ、重大な攻撃を見逃してしまったり、システム環境の複雑化により、既存のセキュリティ監視システムでは、クラウド環境や仮想サーバー/ネットワークまで網羅できずにいるのが現状。
Aella Data社のPBDS (Pervasive Breach Detection System:高拡張型異常検知システム)である 「Starlight(スターライト)」は、ネットワークの規模や複雑さに関わらず、ネットワーク全体のサイバーブリー チ(ネットワーク侵害)を検出。Starlightが起動されると、特定の環境の行動ベースラインモデルが迅 速に確立され、異常な振舞いやネットワークを侵害するイベントを自動的に検知する。Starlightの高度な AIテクノロジーは、24時間体制の自律型仮想セキュリティアナリストのように動作し、ネットワークを常に監視、学習する。そのため、Starlightの検知システムのインテリジェンスと予測能力は改良され、より正確に検知できるよう進化を続ける。Starlightのコアは、広範なデータ収集とDistributed Security Intelligence(TM)(分散型セキュリティインテリジェンス)アーキテクチャに重点を置いている点が、他のソリューションとは異なる特長。
これまでハッカーがセキュリティの盲点を突く攻撃を人知による解析に要した時間の30,000分の1で検出することができ、作業工数にして6.5億円の作業費が2万円、所要時間にして200日が10分で、侵入やデータ漏洩の原因を検出することが可能になる。

◆主な特長
・分散型のインテリジェントな軽量センサーが、広範囲のカバレッジを提供し、仮想環境やクラウド環境を含むすべてのネットワークの盲点を排除
・ネットワークやサーバー、アプリケーション、FW(ファイヤーウォール)/IDSなどのセキュリティデバイス からのイベント、脅威フィードなど多くのデータソースからのデータを収集、検査し、相関的に分析
・Distributed Security Intelligence(TM)アーキテクチャが、サイバーキルチェインのあらゆる段階で幅広い検 出をサポート
・高度なAIによる分析が、ノイズ(不正確なアラート)を効果的に排除し、重要なアラートのみを提供
・Starlightのビッグデータプラットフォームにより、リアルタイムおよび過去の分析と検出の両方をサポート
・重要なIT資産への攻撃を360度表示
・物理環境や仮想環境、コンテナ環境、オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッド環境など、あらゆ る環境のデータを柔軟かつ迅速に分析

(株)デジタルハーツ
https://www.digitalhearts.com/