包括的なエンドポイント保護を実現するWeb分離による業界初のクラウドベースのネットワークセキュリティソリューションを発表

(株)シマンテックは、同社のNetwork Security for the Cloud Generationソリューションの新たなイノベーションと強化を発表した。これは、社員が職場や出張先など場所を問わず、ネットワーク、クラウド、モバイル、従来型エンドポイントを使用する際に、企業のデバイスを保護するもの。

◆強化の内容
・Web Security Service(WSS)に統合される業界初のWeb分離技術により、ゼロデイのマルウェアや高度な脅威に感染するリスクなしにWeb閲覧が可能になる。
・Symantec Endpoint Protection(SEP)およびSEP MobileをWSSに統合することにより、ネットワークからエンドポイントまでの包括的な保護が実現し、WebトラフィックのWSSへのリダイレクトが行われてネットワークセキュリティポリシーが実行されるため、トラフィックのフローを管理する個別のエージェントが不要になる。
・SD-Cloud Connectorにより、Software Defined WAN(SD-WAN)技術の性能や信頼性を同社のWSSと組み合わせ、拠点と主要なクラウドセキュリティサービスを結ぶための、シンプルで高性能な方法を確立できる。

WSSは、Secure Web Gateway(SWG)、Web分離、マルウェア検査エンジン、サンドボックス、情報漏えい防止(DLP)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)が含まれる単一のサービスソリューションであり、多要素認証と統合している。これらの新機能により、企業は使いやすく包括的なクラウドベースのネットワークセキュリティサービスを利用することができる。クラウドのアプリケーションやWebをセキュアに、かつコンプライアンスを守った形で利用し、重要なビジネス情報を保護する。
企業がOffice 365などのクラウドアプリケーションを採用し、社員がリモートからこれらのアプリケーションにアクセスするようになる中で、セキュリティおよびコンプライアンス面での新たなリスクが生じている。Network Security for the Cloud Generationは、ますます多様化する企業のIT業務のニーズのほか、クラウドベースのサービスや物理/仮想アプライアンスといった現代のセキュアなビジネス環境のニーズを満たすよう設計されており、包括的な保護を提供する。

(株)シマンテック
https://www.symantec.com/ja/jp