低ランニングコストで容易に導入可能な SD カードレコーダーを使用した街頭防犯カメラシステム

(株)ケルク電子システムは 1984 年創業以来、低ランニングコストで容易に導入可能な街頭防犯カメラシステムを提供している。
6 月 7・8 日にインテックス大阪にて開催された防犯防災総合展 in KANSAI 2018 では、SD カードレコーダーを使用した街頭防犯カメラシステムのフルラインアップを展示した。
無線 LAN・時刻補正用 GPS 標準搭載のフル HD SD カードレコーダー内蔵カメラKER-IP200 DGW(ドーム型)と KER-IP200 XGW(ボックス型)は、カメラとレコーダー一体型で設置が容易なため、設置条件が電力柱など添架物 1 台に限定される現場にも対応可能なシステムだ。
赤外線 LED 搭載で夜間低照度時での撮影にも最適、また、最大 128GB の SD カードに録画し、施錠可能なボックスの開閉により SD カードの取り出しも可能なだけでなく、内蔵の無線 LAN によるライブ・再生・データダウンロードにも対応する。
さらに GPS による時刻補正機能を標準装備しているため、長期間の運用でも時刻のずれが発生することもない。
高機能・低価格で、街頭・駐車場の防犯、不法投棄監視などに最適なシステムだ。
また、AHD 対応 SD カードレコーダー MDR-AH200 GW も展示された。こちらも無線 LAN・時刻補正用 GPS 標準搭載、小型・軽量設計で、Andoroid 端末・iOS 端末から専用アプリを使用してライブ映像の閲覧・録画再生・簡単設定が行える。

(株)ケルク電子システム
TEL 075-593-2103
http://www.kelc-e.jp/