大阪北部地震で喜ばれた「意外な行政サービス」 ~被災した住宅の屋根で土のうが活躍~

中央砕石(株)が高槻市との契約により市民向けに提供しているゲリラ豪雨対策のサービス「土のうステーション」が、2018年6月18日に発生した大阪北部地震の被災現場で活用された。
大阪府高槻市の被災した住宅で屋根にブルーシートを掛ける際、風で飛ばないように抑える役割で、「土のうステーション」の土のうが使用された。
本来、「土のうステーション」は、ゲリラ豪雨対策として、高槻市が市内68か所に設置し、浸水の被害が予測されるとき、自由に使えるように市民に提供しているサービス。

◆土のうステーション
自治体との連携により、地域の皆さんが使える防災用土のうの納品を行っている。

中央砕石(株)
http://chuo-saiseki.co.jp/business/sandbag-station.html