業界初、モニター親機、スマートフォンを使ってビデオ通話ができるテレビドアホン誕生 テレビドアホン「外でもドアホン」VL-SWD505シリーズを発売

パナソニック(株)は、業界初、カメラ付きモニター親機でビデオ通話ができるワイヤレスモニター付テレビドアホンVL-SWD505シリーズの発売を10月18日より開始する。
近年、携帯電話やスマートフォンの普及によりコミュニケーションの手段が増え、便利になった一方で、家族間のコミュニケーションの機会が少なくなってきている。同製品はモニター親機をインターネットに接続することで、家族とつながるコミュニケーションのツールとして利用できる。
モニター親機にカメラを搭載したので、モニター親機とスマートフォンでビデオ通話ができる。例えば、携帯電話を持たせていない子供でも留守番中にモニター親機で通話相手を選択するだけでお父さんやお母さんのスマートフォンを呼び出し、お互いの顔を見ながら会話することができる。また、モニター親機同士で双方向ビデオ通話もできるので離れて暮らす両親の様子が心配な家族や、子供の成長を見せられる機会が少ない家族でも、近くに暮らしているかのような感覚で顔を見ながら会話することができる。また、外出先でもスマートフォンで映像を見ながら来訪者の応対をすることもできる。さらに別売のみまもりリモコンをモニター親機に登録すれば、モニター親機の電波の範囲内にみまもりリモコンがあるかどうかを判別し、モニター親機から自動でスマートフォンに通知するので、子供の帰宅や外出を確認することができる。

パナソニック(株)
ファクス・電話・ドアホンご相談窓口
フリーダイヤル 0120‐878‐983(受付9時から18時)
https://www.panasonic.com/