ブロックチェーン、生体認証によって進む空港のデジタルトランスフォーメーション化 2023年までに空港のIT投資額は世界全体で46億米ドル規模に成長見込み

フロスト&サリバンは、空港のデジタルトランスフォーメーション化(DX)についての見通しをまとめ発表した。リサーチ「空港のデジタルトランスフォーメーション(DX)化:グローバル展望」によると、増加をたどる旅客輸送やこれに伴うキャパシティ上の制限によって、空港のIT投資額(以下のITシステム向けソフトウェア及びデジタルテクノロジーの中核となる関連アプリケーションを含む。対象ITシステムには、オペレーションコントロールシステム、共通ソフトウェア及びアプリケーション(ウェブ・モバイル)、荷物管理ソフトウェア、空港管理アプリケーション(AODB、RMS、FIDS、A-CDM)、ビジネスインテリジェンスソフトウェア、請求・収益管理システムを含む。)は世界全体で2016年の35億6000万米ドルから、2023年までに46億3000万米ドルに成長する見通し。
空港のDX化は世界的に拡大しつつあり、新たな市場機会を生み出している。欧州の空港では、インフラの物理的な限界に伴い、オペレーションのデジタル化に向けた投資が進んでいる。一方、アジア太平洋地域の空港では、空港での顧客体験向上やブランディング向上にDXを用いるケースが見られる。
同社の分析では、主に以下のテクノロジーが空港のDX化を促進することが見込まれる。
・生体認証:生体認証は国境警備や様々な業務プロセスの自動化を可能にする。同技術は主にセルフ式の本人確認プロセスにおいて、あらゆるタッチポイントでの導入が既に開始されている。将来的に、本人確認プロセスは空港の最初のタッチポイントで個人の生体データを提出するだけで済むようになり、その後は次の到着地点でのみ本人確認を実施すれば済むようになることも考えられる。
・ブロックチェーン:ブロックチェーン技術は、生体データや他の個人データ保存の信頼できるネットワークとして、より安全かつ迅速な顧客体験の提供が可能となるほか、セキュリティやプライバシー上の懸念を排除する。これにより、乗客は高い価値の個別化されたサービスや製品と引き換えに、個人のデータをより積極的に共有していくことが考えられる。また、ブロックチェーンの特性を活かし、現状ではベンダーが個々に業務を行う独立した形態から、協調型の業務形態に変わることも可能となるだろう。
・アナリティクス:空港のあらゆるシステムから生み出されるデータは照合され、過去やリアルタイムおよび未来を予測するデータを提供するために分析される。アナリティクスにより、オペレーターはピーク時や緊急時の対処に向けた事前措置が可能になる。
・人工知能(AI):AIはチャットボットや顧客の嗜好の予測、最適な製品・サービスの推奨などの領域において、顧客アプリで既に導入されている。AIは今後、空港のeコマースでの導入が進むほか、空港の空間管理やリソースの割り当ての効率化も可能になる。

フロスト&サリバン ジャパン(株)
http://www.frostjapan.com