クラウド型ウェブアプリケーションファイアーウォール(WAF)の マネージド・セキュリティ・サービス取り扱いを開始 ソリューション拡充により企業のセキュリティ対策を総合的に支援

(株)GRCSは、ソフトバンク・テクノロジー(株)と協業し、クラウド型ウェブアプリケーションフ ァイアーウォールの Imperva Incapsula(インパーバ インカプスラ)及び SBT によるマネージド・セキュリティ・ サービスfor Imperva Incapsulaの取り扱いを開始した。大規模なDDos 攻撃にも対応可能な Imperva Incapsula により Web アプリケーションのセキュリティを強固にするだけでなくセキュリティ専門家による運用・監視によ って企業のセキュリティ対策運用負荷を軽減する。
サービスの取り扱いを開始した背景としては、企業が活用する Web システムや Web アプリケーションが増える一方、それ らの脆弱性を突いた悪意を持った攻撃があとを絶たないことにある。WAF は、Web アプリケーションに特化した防御対策で、 脆弱性を悪用した外部からの不正なアクセスを防御し、ファイアーウォールや不正侵入検知(IPS)では防ぎきれない脅威に対抗する。また、セキュリティ対策において巧妙化する脅威に対抗するためには一つの手段では企業の情報資産は守りきれないのが現状。そのため悪意に対する防御壁を何重にもする多層防御が必要であり、インシデントの防御・検知・対応というそれぞれのフェー ズにおいて効果的な対策をとっていくことが求められている。同サービスを含め、同社は企業のニーズと状況に応じた幅広いセキュリティソリューションの提案が可能になる。

(株)GRCS
https://www.grcs.co.jp/