Metropolis パートナーのパナソニックは、ディープラーニング顔認証システムの認証精度の向上実現

 急激な社会情勢の変化や、ますます関心を増しているセキュリティ市場で、画像解析や AI を活用したサービスが発展・本格化している。その中、とりわけ注目を集めているのが顔認証技術。
パナソニック(株)は、NVIDIA GPU を活用したディープラーニング顔認証システム FacePROを新たに展開することで、認証精度の向上を実現した。
パナソニックの世界最高水準の顔照合性能を持つエンジンを核とした、高精度の顔認証サーバーソフトウェアは、ディープラーニングを取り入れることで、従来のものよりも2倍以上の高精度な顔認証を実現した。
社会的には不審者、万引き常習犯、危険人物などに、また、日常的には迷子の探索や、企業や工場などでの出退勤の簡素化などにも、顔認証の活用が期待されている。
また、複数のディープラーニングのアルゴリズムを実装した FacePROの顔認証エンジンはリアルタイムに高速な処理が求められるため、高性能な NVIDIA グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)が必要不可欠となる。顔の傾きなどの特徴に応じた異なる複数のディープラーニングの技術を組み合わせ、誤りを抑制する類似度計算手法を組み合わせた独自のアルゴリズムにより、性能改善を実現している。
パナソニックは世界で 100社以上すでに利用されている NVIDIA Metropolis パートナープログラムに参画している。NVIDIA Metropolisは AI シティ化の基盤となり、エッジデバイスとクラウド双方の幅広いアプリケーションにインテリジェントビデオ分析 (IVA) を提供する。今後ワークフローを変え、運用効率を向上させることが可能となる。

エヌビディア(同)
https://www.nvidia.com/ja-jp/