中堅中小企業のBCP対策を支援する 「Acronis Backup and Cloud Storage 500GB」をリリース

アクロニス・ジャパン(株)は、新製品「Acronis Backup and Cloud Storage 500GB」の提供を開始した。企業向けバックアップ製品「Acronis Backup 12.5」(アクロニス バックアップ 12.5)のサーバー向けライセンスあるいは、仮想環境向けライセンスと、そのオプションのクラウドストレージ製品「Acronis Cloud Storage」(アクロニス クラウドストレージ、容量500GB)を組み合わせたもので、1年間のサブスクリプションライセンスをパッケージ製品として提供する。ソフトバンク コマース&サービス(株)を通じて販売される。
あらゆる企業や組織のBCP(事業継続計画)においてその実効性を担保するには、重要なシステムおよびデータの遠隔地へのバックアップが不可欠。「Acronis Backup and Cloud Storage」を利用するとバックアップデータはAcronis Cloud Storageに保存されるので、ランサムウェアや自然災害によるデータ消失のリスクを大幅に低減できる。
遠隔地へのバックアップは一般に導入コストと運用の負担が少なくないが、同製品ではサーバーまたは仮想ホスト1台のバックアップ機能と500GBのクラウドストレージを1つのパッケージにすることで、購買手続きを簡略化し、また導入しやすい価格を実現。これより、組織の規模を問わず遠隔地へのバックアップを容易に導入できるようになる。
また、ますます需要の高まるクラウドインスタンスのバックアップ用途にも最適。Acronis Cloud Storageに保存されるバックアップデータは、バックアップ対象プラットフォームの障害時にも、別のクラウドまたはオンプレミス環境にデータを復元できる。

アクロニス・ジャパン(株)
アクロニス セールスインフォメーションセンター
TEL 03-4572-2523
受付時間:9:00~12:00 13:00~18:00(土、日、祝日、年末年始を除く)
http://www.acronis.com/inq/