生体認証を活用した入退場システムについて協業 3×3(三人制バスケットボール)の大会で実証実験

Capy(株)は、「3×3」バスケットボールのトップチームの(一社)アルボラーダと協業し、生体認証技術「FIDO」を活用したスポーツ観戦の入退場システムについて実証実験を行う。
生体認証技術「FIDO」を活用して、スポーツ観戦のための座席の入退場管理を行う。現在、試合やイベントでの来場者管理では、係員がチケットを目視による確認を行い、観戦エリアの入退場を管理している。同システムを活用することにより、来場者は生体認証による簡易な確認方法によって、スムーズに入退場することが可能となる。また、同システムでは、ECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」を用いて電子チケットの発行やグッズの販売時のログインも生体認証を行うことにより、パスワードを使用しないで購入が可能となる。
同システムの実用性を検証するため、アルボラーダが主催する試合や2018年10月21日(日)に新しく開催する3人制バスケットボール「3×3」のツアートーナメントのリーグ試合で実証実験を行う予定。現在アルボラーダの試合では、入退場管理はリストバンドやQRコードを使用しているが、同システムによりチケットの転売や不正入場などを抑止する効果が期待される。また、選手のファンイベントへの活用も期待される。

Capy(株)
https://www.capy.me/jp/