国内でのセキュリティ強化に向けて、屋外警戒用侵入検知センサのラインアップを拡充 インフラや施設へ侵入される前に事前ブロック

オプテックス(株)は、国際イベントを契機に国を挙げたセキュリティ強化に対応すべく、屋外警戒用侵入検知センサのラインアップを拡充し、10月より発売を開始する。
今回発売する製品「屋外警戒用侵入検知センサ「BXS」「VXS」「HX」シリーズ」は、建物内部に侵入される前に侵入者を検知し、即座に警報システムに通知されるため、犯罪の事前防止を実現するセキュリティ対策製品の一つとして効果を発揮する。

◆主な特長
・屋外でも確実な侵入検知を実現できる高いセンシング性能
侵入検知センサが使用される屋外は、小動物や草木の揺れによる周囲環境、雨・雪・風などの自然環境の変化が発生する過酷な環境。世界各国の数多くの現場で蓄積したさまざまな設置条件や情報から、安定的な検知を実現する信頼性の高いセンシング技術とアルゴリズムを搭載し、侵入者のみを確実に区別することが可能。
・監視カメラとの連動による監視効率の向上
セキュリティ対策の主流となる防犯カメラは、画像監視や録画映像の確認が必要。センサと監視カメラを組み合わせることで、センサが侵入者を検知した時のみカメラを起動させることができるため、監視効率の向上が図れる。またセンサが検知した場所にカメラ向けることで、画像の見落としを軽減し事象の発見を早期に行い、質の高い監視を行うことが可能となる。
・さまざまな設置場所を想定したセンサラインアップで外周警戒を強化
犯罪傾向や進入経路に合わせた屋外侵入検知センサは、建物内や敷地内への侵入を未然に防ぐ。
BXSシリーズ:屋外の出入り口、窓などからの内部への侵入をブロック
VXSシリーズ:屋外敷地内への侵入をブロック
HXシリーズ:屋外敷地内への侵入をブロック(高所設置)

オプテックス(株)
http://www.optex.co.jp/