国内最大級データセンターの監視カメラシステムを構築 VMS/仮想基盤/スケールアウト型ストレージを活用し、カメラ数百台の長期間運用を実現

 ネットワンパートナーズ(株)は、NTTデータカスタマサービス(株)と協業し、(株)NTTデータが本年3月に竣工した国内最大級の最新データセンター「三鷹データセンターEAST」の、大規模・高性能な監視カメラシステムを構築した。
「三鷹データセンターEAST」は延床面積が約38,000平方メートルと広大なため、セキュリティ強化に向けて、監視カメラを数百台規模で設置することを検討していた。しかし、録画専用装置を用いる従来型の固定的なシステムでは、運用性に課題があった。
今回構築した監視カメラシステムの特徴は、以下の要素を組み合わせて管理性・可用性・拡張性を高めることで、数百台もの監視カメラの長期間運用を可能にしている。
・映像統合管理ソフトウェア(VMS)を採用し、数百台のカメラ映像を一元的に管理
・VMSを仮想基盤上で稼働させ、カメラ台数の追加に柔軟に対応するとともに、可用性を向上
・録画データ保存用にスケールアウト型ストレージを導入し、拡張・移行を容易に
・高画質・高機能なIPネットワークカメラを採用し、セキュリティを強化
・監視カメラ映像の通信データ量と冗長性を考慮したネットワーク基盤

ネットワンパートナーズ(株)
TEL 03-6256-0700
https://www.netone-pa.co.jp/