軍・大使館・外資系企業ニーズに合致した世界基準 記録メディア破壊装置「Crush Box」シリーズがパワーアップして新発売

 日東造機(株)では、「Crush Box(クラッシュボックス)」シリーズの圧壊力を1.5倍に高めたNewハイドロリックモーション機構「NITTOH Power」搭載のシリーズの受付を開始、10月24日より出荷を開始する
同社は千葉県茂原市に本社工場を置く、グループ5社のホールディング会社。1950年創業より有力な電子機器の科学研究(科学技術庁官賞を受賞)・開発・製造する革新者であり、多くの特許技術を有しています。
同グループのR&Dチーム及び設計エンジニアリングチームはコンピューターのハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートデバイス(SSD)、フラッシュドライブ、CD/DVD/ZIP/FD/DLT/LTO、PDA、スマートフォン等の電子記録媒体を物理的に破壊する「Crush Box(クラッシュボックス)」シリーズを2003年に発売、現在の国内シェアは95%(同社調査)を誇っている。
販売が開始された「New」Crush Boxシリーズは、New ハイドロリックモーション機構「NITTOH Power」を搭載し、圧壊力を最大1.5倍(8トン)に高めまた。さらに保証を3年へと延長し、サポートも手厚くなった。

日東造機(株)
TEL 0475-26-5361
http://www.nittoh.co.jp/