セキュリティソフトの最新版、Avast 2019年版を発表 AIおよび画像認識技術の活用により、脅威検出を強化

Avastは、一般消費者向けセキュリティソフトウェアの最新版となるAvast 2019年版を発表した。Avast 2019は、Avast Free Antivirus(無償)、Avast Internet Security(有償)、Avast Premier(有償)の3製品で構成されており、人工知能 (AI) の活用により強化されたフィッシング対策機能およびプライバシー保護機能、全画面モードの使用時には割り込みを一切行わない サイレント モードを搭載した。これらの製品はすでに公開されており、https://www.avast.co.jp/for-windows からダウンロード可能。
Avast 2019年版は、AIを活用して、疑わしいトークンやドメインのメタ情報を自動的に確認するとともに、webサイトを視覚的側面から検証することでフィッシングサイトの検出を強化した。こうした独自の技術により、Avastは新たなフィッシングサイトを瞬時に識別し、あらゆるプラットフォームにおけるフィッシングや詐欺メールの被害からユーザを保護する。
今回新たに導入されたサイレント モードは無償の機能で、全画面表示でのアプリケーションの実行時に、Windows、メール、チャット、ブラウザなどサードパーティのソフトウェアを含めて、すべての通知をオフにする。ゲームやプレゼンテーション中に、アプリケーションの動作を停止させる。
機密データ シールドは、Avastの有償版ユーザ向けにさらなる安全性を提供する機能で、サイバー犯罪者やのぞき見からユーザを保護する。この機能は、納税申告書、健康診断結果、パスポートなどの機密ファイルを特定し、シールドを適用してファイルを保護する選択肢をユーザに提供する。これによって、マルウェアなどの権限を持たない第三者やプログラムは、当該ファイルの閲覧や変更が不可能となるため、機密データの管理を強化することができる。
Avastのスマートスキャンは、ウィルス、ソフトウェアアップデート、ネットワークやパフォーマンスなどの問題を一括でスキャンできる機能。ユーザは、無償版、有償版問わず、ワンクリックで従来の1/2のスピードでPCをスキャンして、あらゆる問題を特定し、最適化できるようになる。
無償版のAvast Free Antivirusに搭載されるWi-Fi Inspectorは、ユーザのネットワークに接続されたルーター、PC、モバイル、IoTデバイスをスキャンして、検知した問題に対するソリューションを提供する機能。Avast 2019年版では、デバイスの認識やセキュリティ上の脆弱性をより詳細に検知するように機能が改善されている。ネットワーク上にあるデバイスが詳細なマップ上に表示されるため、ユーザはローカルネットワークに接続されたデバイスをより簡単に操作・管理することが可能になる。

Avast
https://www.avast.co.jp/