「イモビカッターキラーRSシリーズ」に、世界初のリレーアタック対応モデル「RSR300」「RSR500」を追加、発売開始。

(株)キラメックは、2014年に発売したイモビカッター妨害装置の最上位モデルとなる「RSR300」「RSR500」2モデルを、リリースした。イモビカッターを検知して警報を鳴らしつつその動作を妨害する機能はもちろん、不正なドア開けや振動を検知して警報を鳴らす拡張機能に加え、リレーアタックに対応した業界初の機能で、スマートキー操作(ドアノブ)でアンロックしてもセキュリティシステムを解除できなくすることで、リレーアタックによる不正なドア開けでも警報動作することが可能になった。
自動車盗難件数はイモビライザー機能などの標準装備で大幅な減少傾向にある。しかし、スマートキーの普及とともに数年前から社会問題化しているのが“(スマート)リレーアタック”という新しい手口。
“(スマート)リレーアタック”は、個々の車両純正スマートキーが発する信号を使った手口のため、電波を遮断するポーチにリモコンそのものを入れるなどの方法以外に防ぐ手段がない。また、ロックしたドアの解錠に連動してシステムがOFFになる市販のセキュリティシステムでは、かならず解除になってしまう。
こうした課題を解決するため、同社は「イモビカッター妨害装置」に純正リモコンのボタンによる操作でのみセキュリティのセット/解除を可能とした「リレーアタック対応機能」を搭載した。

◆主な機能・特徴
・従来のOBD II 配線を切断しスイッチを割り込ませるタイプとは違い、イモビカッターを検知し、無効化する世界初の機能。
・イモビカッターを検知すると車両ホーンを断続鳴動。
・トヨタ自動車製車両に対応。(RSRシリーズはスマートキー付車のみ)(適合表を参照のこと)
・OBD II 配線を切断しないのでメンテナンスがスムーズ。
・エンジンの始動/停止(RS240)やシステムのセット/解除(RS240以外)に連動した威嚇用LEDランプ)。
・エンジン停止/始動に連動してON/OFF(R240)
スマートキー操作に連動してON/OFF(RS310、RS510)。
リレーアタック対応。リモコンのボタン操作にのみ連動してON/OFF(RSR300、RSR500)。
(OBD IIコネクタもしくはCAN通信を利用したレーダー等他社製品との併用は不可)
(エンジンスターター、ターボタイマーとの併用は不可)
・誤報の少ない高感度衝撃センサー標準装備(RS510、RSR500)。
・立体駐車場での誤作動を防ぐ「センサーバイパス」(RS510、RSR500)
・欧州指令(EマークECEReg.10.04)を取得。

(株)キラメック
http://www.kiramek.com/japanese/new.html