世界最高水準のディープラーニング技術を応用「顔認証による入退セキュリティ&オフィス可視化システム」の実証実験を実施

パナソニック(株)は、ディープラーニング技術を応用した顔認証技術の活用による「入退セキュリティ&オフィス可視化システム」(仮称:KPAS)の実証実験を2018年10月16日~19日に幕張メッセにて開催された「CEATEC JAPAN 2018」のプレスセンターで実施した。
従来のICカードを用いた入退セキュリティシステムは、登録・発行・配布に手間がかかり、一時的な来訪者などの管理では煩雑な面があった。加えてカードの貸し借りによるなりすまし・不正入場、盗難・紛失等はセキュリティ・インシデントとして管理者側にとっての問題や負担となっていた。
「CEATEC JAPAN 2018」のプレスセンターは、従来はプレスバッジによる入退室管理だったが、実験では当日にプレス登録カウンターで顔画像と名刺を登録すれば、以降は顔認証のみで入退室ができるようになる。バッジの貸し借りや盗難による不正入場を防ぎ、セキュリティ強化と利便性向上が図れる。
同社は、これまで空港やアミューズメントパークでの入出園管理で顔認証技術を応用したシステムを展開しているが、今回の実証実験を通じて顔認証による入退セキュリティとオフィス可視化システム(仮称:KPAS)の実用化を検証する。
同社の顔認証による入退セキュリティとオフィス可視化システム(仮称:KPAS)は、入退室管理に加え名刺情報と顔情報の連携により、従業員や一時的な来訪者が施設のどこを通過したか、会議室で誰と誰がミーティングを行ったかを可視化する。これにより会議中に、出席者の顔と名前・訪問履歴等を即座に確認することができ、コミュニケーションの活性化が期待できる。また蓄積されたビックデータにより人脈の可視化、施設稼働率・使用人数の算出が可能となり、働き方改革の指標としても活用できる。
なお、顔認証による入退セキュリティとオフィス可視化システム(仮称:KPAS) は、同社がB2B向けに展開するIoTサービス「μSockets(ミューソケッツ)」の一つとして提供予定。

パナソニック(株)
https://www.panasonic.com