輸送中の貨物を追跡・保護する通信機能付きパッドロック(南京錠)にユーブロックスの技術を搭載

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン(株))は、通信機能を搭載した産業用アプリケーション向けGPSパッドロックでインドのPlay Inc.と提携したことを発表した。この位置トラッカー兼用パッドロックは、u blox M8 GNSSレシーバーMAX-M8Qを搭載し、u blox CellLocate(R)サービスを使用して屋内測位を強化している。u blox NINA-B112のBluetooth Low Energyと2G / 3G / 4Gセルラー通信モジュール(ATEX認証取得済みのものもあり)で、ユーザーとパッドロックの通信を実現している。
ロックは多くの産業でボトルネックとなっている。通常、解錠するには鍵を持った人が現場に行く必要があり、不正解錠の兆候がないかどうかを定期的にチェックする必要もあり、強制的に解錠されたときはすでに手遅れという場合もある。
Play Incのi-Lockは、これらの課題に対応するため、物理的な強靭性とワイヤレス技術を兼ね備えている。物理的な鍵、GPRSとSMSのリモート・パスワードおよびBluetooth Low Energyを使用したキーレス解錠、モバイル・デバイスのアプリによるクラウド型通信によるキーレス解錠など、さまざまなアクセス方法を提供しているi-Lockは、工場管理者などに、ロックされている物品に対するアクセス権を柔軟に付与することができる。また、パッドロックが強制的に解錠された場合は、サーバー経由またはSMS経由(オプション)でただちにアラートが通知される。
モバイル型および据置型の物品を保護するだけでなく、GNSSレシーバーによって運送中の物品を追跡することもできる。i-Lockは、自律性向上のため消費電力を最適化した各種の追跡モードをサポートする。位置認識により、ジオフェンス(地理的境界線)を規定したアプリケーションも可能。その場合、i-Lockは予め指定された地理的境界(給油ステーションなど)内にある場合にのみ解錠することができる。
この堅牢なセキュリティ・ロックは、物理的な不正解錠とサイバー攻撃の両方に耐性を持つように設計されている。強化グラスファイバー製ケースの耐熱温度は-20~+80°C。このパッドロックは、Super Admin / Admin / Userのアクセス・レベル、128ビットAES暗号化、ユーザー設定可能なパスワード、データ伝送精度を確保するセキュアなプロトコルを備えている。

ユーブロックスジャパン(株)
http://www.u-blox.com/ja/