停電災害で防災性能を実証したBCP給電コントロールシステム 「MSD-BOX」 西日本豪雨災害の停電下、12日間(単独24時間)の連続給電を達成

(同)PDジャパンは、自然災害による長時間の「停電対策」に有効な、防災対応型のパワーストレージ「MSD-BOX」を、「危機管理産業展 RISCON 2018」に、開発元となるイシダ事務機(株)と共同出展した。
2018年7月6日夕刻、集中豪雨による土砂災害により全世帯が電力エネルギーを失った広島市安芸区。同地区の公立病院で「MSD-BOX」は、停電直後から自動で独立回路に切り替わり、復電までの12日間途絶えることなく24時間電源を担保した。暗闇となった医療現場に、安定した「灯り」を燃料不要で提供し、現在でも無故障で連日稼働を続けている。同病院では、5年前から防災対策と節電効果を目的として、MSD-BOX 200W(医療機関向けモデル)を導入しており、平静時から「防災と節電」を目的とし一階6部屋の照明用電源として利用されていた。
「MSD-BOX」は、昼日は太陽光発電エネルギーを100%地産地消し、夜間はバッテリに蓄えた電気を利用する環境エネルギーシステムで、不足分のみを商用電力などの外部から受電を行う次世代型のハイブリット方式を採用している。また、交流・直流を問わず、複数の受電系統をリミックスし、システム内に「電気のダム」を構築する「パワー・ストッカー技術」により、ダムの電気が枯れない限り、極限まで高確率で給電を停めない設計となっている。
驚異的な防災性能はもとより、「非常用ではなく、そのままの状態で、24時間継続的に電力が利用できた」という利便性が高い評価を得ている。これは「MSD-BOX」が常用電源であるためで、停電時であっても切替作業や配線作業を一切行わず継続利用することが可能であり、さらに、燃料補給が不要な点や、静かで騒音がない点などが、現場スタッフのストレス軽減に貢献したと評価されている。

◆主な特長
・「発電・受電・蓄電・整流・給電」の「パワーサイクル」をパッケージ化した、唯一の防災対応型給電コントロールシステム。
・自然エネルギーを利用したUPS(無停電電源装置)機能で、あらゆる電力リソースにも対応。
・太陽光エネルギーを「地産地消」し、平静時、停電時を問わず24時間、燃料不要で高品質給電を実現。
・騒音が無く、排気ガスを出さないので設置場所を選ばない。
・軽量&コンパクトなので、浸水被害を避けた場所(高所・高層階)への設置が可能。
・世界トップシェアのSPD(避雷器)を標準搭載。落雷による接続機器の損壊を防御しながら給電を続ける。

(同)PDジャパン
http://www.msd-box.com/