ISO31000 準拠の全社的リスクマネジメント(ERM)ツールを 2019 年 1 月ローンチ予定 トライアルユーザー企業の募集を開始

(株)GRCSは、全社的リスクマネジメント(Enterprise Risk Management:ERM)に特化したクラウドアプリケーション、「Enterprise Risk MT(エンタープライズリ スクエムティ)」のローンチを2019 年 1 月に予定している。ローンチにむけて、より企業のニーズに沿った機能の実現に向けトライアルユーザー企業を募集する。
昨今、企業をとりまく内外の環境の変化が大きく、企業が直面するリスクは地震や台風などの自然災害からサイバーリスク、内部不正に至るまで多岐にわたるうえに、巨大化、複雑化、多様化している。これまでの事象によって切り分けられた個別のリスク管理ではあらゆるリスクに企業として対応することが難しいため、全社的な視点でリスクを管理する「全社的リスクマネジメント」が組織を運営するうえで必須の活動として認知されつつある。しかしながら全社的リスクマネジメントを実施していても、集計作業が煩雑で負荷が大きく肝心なリスク分析に時間やリソースを避けないことや、関係各所との情報共有やリアルタイムでの管理策の進捗状況の把握が困難であるなど、現場レベルでの課題はまだ多いのが現状。
このような背景から、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)領域においてサービスを提供し企業のリスク管理を支援してきた同社はこれまで培ってきたノウハウを活かし、全社的リスクマネジメント向けクラウドアプリケーション「Enterprise Risk MT」の開発を開始した。Enterprise Risk MTは、同社製品で初の国産 GRC ツールの「Risk Organizer(リスクオーガナイザ ー)」をベースに、機能の改善や最新技術の適用を行ってアップグレードした製品。企業の全社的リスクマネジメントをより効率的かつ継続的に実施することを支援する。Enterprise Risk MTは今年 2 月に改定された ISO31000:2018に準拠しており、提唱されているリスクマネジメントにおける「プロセス」に則った ERM基盤として有効。複雑に絡み合う多数のリスクをツール上で体系的に管理できるため、管理作業が大幅に効率化できることに加え、これまで見えてこなかった潜在的なリスクの表面化と対策の進捗状況の可視化を行い、経営における重要な意思決定に活用することができる。Enterprise Risk MTは2019年1月に正式ローンチを予定している。今回ローンチに向けた機能強化のためトライアルユーザー企業の募集を開始する。

(株)GRCS
https://www.grcs.co.jp/