お年寄りの徘徊や転倒などを24時間見守れる「みまもりCUBE」取付代行サービスを開始

(株)ラムロックは、独居老人、病院の利用者の転倒・徘徊の見守りカメラ「みまもりCUBE」の取付代行サービスを開始した。
「みまもりCUBE」は、独居老人、老人の徘徊、留守など、すぐに行き来ができない場所を24時間見守ることができる貸与マーク取得の介護保険適用の見守りカメラで、2009年に開発、2012年に製品化された。2013年には厚生労働大臣が定める福祉用具に「徘徊感知機器ラムロックアイズ」が認可されるなど、介護業界注目の見守りカメラ。
特徴としては、インターネット環境がなくても利用が可能で、高齢者の徘徊や、ベッドからの離床を検知することができ、検知した映像は設定した端末で確認することができる。この有効性は岐阜県警にも認められ、同社と業務提携を行い、行方不明者早期発見、予防対策ツールとして正式採用されている。

(株)ラムロック
https://ramrock-eyes.jp/