マウスコンピューターと業務提携し、入居者に向けて自宅をIoT化する 「mouseスマートホーム」製品の提供開始

東急住宅リース(株)は、(株)マウスコンピューターと提携し、同社が管理する約89,000戸の賃貸住宅の入居者に、「mouseスマートホーム」製品の紹介および提供を開始した。
「mouseスマートホーム」製品を使用することで、自宅のIoT化を実現し、手軽に“スマートルーム”を体験することができる。スマートフォンにアプリをインストールし、ルームハブをセットすることで、ルームハブと「mouseスマートホーム」製品機器や家電を連携し、アプリによるエアコンやテレビの遠隔操作、スマートLEDライトの点灯・消灯、ドアセンサーによるドアや窓の閉め忘れの感知と通知、モーションセンサーによる人や動物の動きの感知と通知等が可能となる。全ての機器において取付工事が不要なため、賃貸住宅においても安心して設置できる。
入居者向けの専用サイト「かなえていくリーブル」において、「mouseスマートホーム」製品を紹介するとともに、家具家電レンタルサービスサイト「RENTAS(レンタス)」において、スターターキットのレンタルサービスを提供している。

◆スターターキット:ルームハブを中心とした、「mouseスマートホーム」5製品
・ルームハブ
・スマートLEDライト
・ドアセンサー
・モーションセンサー

東急住宅リース(株)
https://www.mouse-jp.co.jp/smarthome/