コミュニケーションアプリ「LINE」に避難情報の提供を開始

(株)レスキューナウは、LINE(株)が運用するコミュニケーションアプリ「LINE」向けに、全国の市区町村が発令する避難情報の提供を開始した。
「LINE」で採用された避難情報は、同社のコンテンツシェアサービス、Lアラート中間伝達サービスにより提供され、日本全国の市区町村から発令される避難情報が全て配信対象となる。
コンテンツシェアサービスは、24時間365日、有人体制で危機管理情報センターを運営する同社が「危機の影響回避と被害の軽減」に資するさまざまな情報を、ノンストップで収集・配信する法人向けサービス。
Lアラート中間伝達サービスは、災害発生時に地方公共団体・ライフライン事業者等の情報発信者がLアラートに入力した情報を、放送局・アプリ事業者等の情報伝達者がメディア利用者に提供する際に有用なサービス。情報伝達者がLアラートの情報を受信して利用者に配信する場合、システムの運用保守とは別に、個々の情報の内容確認・編集・修正等、人手による対応が不可欠な運用体制も必要となる。Lアラート中間伝達サービスでは、情報伝達者に求められるこの人手を要する運用を、同社がLアラートの特定協力事業者として情報伝達者に代わり担う。
Lアラートの入力情報を、常時有人体制の危機管理情報センターで都度確認を経た正確かつ均質化された情報として提供することで、情報の発表・発生から解除・終了まで、状況を逐次正確に伝達したいと考えるメディア運営者の課題を解決するサービス。
今回コミュニケーションアプリ「LINE」が利用するコンテンツシェアサービスとLアラート中間伝達は、いずれも配信対象となる情報に含まれているカテゴリ、規模、状態、数値等の個々の要素が全てタグ情報として格納されたxmlデータファイル形式によりサービス利用者に提供される。これによりサービス利用者は、サービス導入時のデータファイルの表示システムの開発にかかるコスト、期間の両面で負担軽減を図ることができる。

(株)レスキューナウ
https://www.rescuenow.co.jp/