富士ソフトと神戸デジタル・ラボ、セキュリティ関連サービスで協業、 共同提供を開始 調査から評価改善まで、幅広い強固なセキュリティ対策を展開

富士ソフト(株)と(株)神戸デジタル・ラボは、「情報セキュリティ関連サービス」の販売店契約を締結した。調査から評価/改善までの一連のセキュリティサービスを展開する富士ソフトと、セキュリティ診断やコンサルティング分野に高い技術力を持つ神戸デジタル・ラボの協業により、個々のセキュリティサービスの強化と幅広いセキュリティサービスの展開が可能となった。今後、両社の強みを活かし、サービスの充実を図っていく。
昨今、情報漏えいやサイトの改ざん、不正アクセスなどのサイバー攻撃が急増し、企業の情報セキュリティ対策は待ったなしの状況。富士ソフトと神戸デジタル・ラボのサービス、技術力を最大限に活用し、より品質を高めることで、セキュリティの調査、診断から事前の対策、万一の時の対応、改善まで、トータルサービスとしてユーザーの安全・安心を支援していく。
富士ソフトは近年、「AIS-CRM戦略」を掲げ、AI、IoT、Security、Cloud、Robot、Mobile、Automotiveを重点技術分野として新たなテクノロジーや開発分野の拡大強化に取り組んでいる。中でもセキュリティ分野については、専門部門を設け、技術力と実績をもとに業種・業界問わず、ユーザーのIT環境への安全・安心を支援してきた。
神戸デジタル・ラボは、官公庁のセキュリティ関連プロジェクトを支援するなど、高い知見と技術力を持ち、西日本有数の情報セキュリティサービスを提供する独立系ベンダー。ITに関するあらゆる手段と驚きのアイデアで圧倒的な利便性・競争優位・安定性を実現し、未来のビジネスをユーザーと共創する事をミッション・ステイトメントに掲げ、それぞれの専門性を発揮しあってITでイノベーションを創出していく。

富士ソフト(株)
https://www.fsi.co.jp/

(株)神戸デジタル・ラボ
http://www.kdl.co.jp/