電源、ネットワーク工事不要のAIカメラ付きLED防犯街路灯 「AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯」を発売

mtes Neural Networks(株)は、人工知能(AI)監視カメラ付きLED屋外照明「AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯」4種類の発売を2018年11月30日に開始する。LED照明メーカーの(株)スリーエスと共同で開発、電源とネットワーク工事が不要な、太陽光発電による完全自立型の屋外照明。
近年、多発している自然災害による停電への対応が求められている。また、刑法犯罪は減少傾向にあるものの、子供や高齢者の見守りの要請は年々高まっている。
これらの要請に応えるために、同社はこれまで培ってきたIoT、AI技術を、スリーエスはLEDの屋外照明の技術を使い、開発した。両社の技術を駆使することで、同等性能の防犯・街路灯の設置費用に比べ、半分以下の予算での設置を可能にした。クラウド使用料金やLoRa無線通信にかかる少額のランニングコストはこれまで同様に必要になるが、初期の設置で負担になっていた電源工事や有線によるネットワーク工事が不要になった。その結果、これまで断念していた場所で街路灯や防犯・監視カメラが容易に設置できる。具体的には公園や駐車場、商店街や路地、山道など。

mtes Neural Networks(株)
https://mtesnn.jp/