さらに進化した最先端スマートロック「FIPILOCK 2S」のクラウドファンディングを開始

Rasical Japan(ラシカルジャパン)(同)は、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、ハイセキュリティかつ耐久性にすぐれたスマートロック「FIPILOCK(フィピロック)S2」の代理予約受付を開始した。
以前クラウドファンディングで1,100万円の資金獲得を達成した大ヒット製品FIPILOCK S2を正規代理店として予約受付する。
FIPILOCK S2は、軽量、多機能で持ち運びに便利な指紋スマートロック。リュックサックやスーツケースの鍵として、自転車の駐輪時に、ドアロックにと様々な用途に使用できる。防塵・防水性に優れているため、アウトドアでの使用にもおすすめ。

◆FIPILOCK S2の特徴
・防衝撃
FIPILOCK 2Sは、本体ケースに高硬度な亜鉛合金を100%使用し、一体型スタンピング法という手法で、衝撃や圧力に強い構造に作りあげている。これによって無理な力でロックが破壊されるリスクを最低限に抑えることができる。
・防カット
ワイヤー部にSUS304ステンレス鋼を使用。 耐食性に優れている上、強靭性(丈夫さとしなやかさ)が強いため、簡単にカットすることができない。
・耐荷重
丈夫でしなやかなワイヤーによって、コンパクトでありながら100kgもの耐荷重性がある。荷物を吊り下げる際のフック代わりにも使用できる。
・IP65防塵・防水でアウトドアにも安心
防塵6級(0?6段階中):粉塵が中に入らない(耐塵形)
防水5級(0?8段階中):あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
を意味しており、雨の日はもちろん、登山、水遊び場、工場などあらゆる場面で安心して使用できる。
・生体指紋認証によって指紋コピーを防止
FIPILOCK 2Sは世界最先端の指紋認証技術、「生体認証バイオメトリック」を駆使して開発されている。
生体指紋にしか反応しないため、テープやシリコンによる偽の指紋コピーは拒否される。
認証精度が極めて高く、誤判別率を0.001%以下に抑えることができた。
アプリやBluetoothを経由しないため、ピッキング被害や、暗証番号を忘れたり、漏洩したりするリスクもない。
・高性能CPUで0.5秒のスピード解除を実現
ワンタッチからわずか0.5秒で解錠が可能な高性能CPUを内蔵。500dpiという高精度な指紋センサー搭載で、指紋を360度の角度から読み取れる。
・最大2年間使用可能な驚きのロングバッテリー
コンパクトボディにも関わらず、内蔵電池容量は260mAhと安心の持続力。
1回のフル充電で、通常の使用状態で最大1年間(作動回数約5,000回)、スタンバイ状態で最大2年間も持つ。
・最大10組の複数登録ができ、家族とのシェア使用もらくらく
最大10組の指紋を登録できるため、ゲスト登録をすれば家族との合鍵もわざわざ新たに鍵を作る必要がない。また、ロックの管理人(オーナー)がゲスト登録を随時リセットすることもできる。

Rasical Japan(ラシカルジャパン)(同)
https://www.rasical.com/