H.265方式採用、ネットワークカメラシステムのPTZカメラ2機種と専用ビューアーソフトを新発売

TOA(株)は、IPネットワーク経由でフルHD画質の高精細映像を配信する防犯カメラシステム「TRIFORAシリーズ」のPTZカメラ2機種と、シリーズ専用ビューアーソフトの発売を開始した。
TRIFORAシリーズは、LANなどのネットワークに直接接続し、映像の監視・制御を行う映像ネットワークシステムです。フルHD(1920×1080pixel)画質の高精細映像を、最大30fpsのフル動画でライブ表示できる本シリーズ。画像圧縮方式としてH.265を採用し、長時間記録が可能となっている。
今回新発売となるのは、旋回台、電動ズームレンズを一体化したPTZカメラ。屋外用・屋内用の2機種を拡充したことにより、同シリーズのカメラは11機種となる。また、同一のネットワークに接続しているレコーダーの一括管理ができる専用ビューアーソフトも発売。PC画面上で、最大でカメラ1024台のライブ映像と録画映像が確認可能。今回のラインアップ拡充により、さらに柔軟なシステム構築が可能になった。

◆主な市場
広い監視範囲をもち、必要に応じて撮影対象を拡大して撮影するアプリケーションに特化したカメラ。特にオフィス、工場の敷地出入口、駐車場などのリアルタイム監視に最適。

◆商品の特徴
PTZカメラは2機種ともに、従来の機能に加え、高画質化とH.265画像圧縮方式の採用によるデータ配信の効率化を実現。さらに、SDカードスロットがあり、SDカード録画が可能。集音マイクを接続しての音声記録もできる。最低被写体照度の仕様が従来品から大幅に改善されており、「デイナイト機能」、「WDR機能」を活用すれば、昼夜を問わず利用えきる。映したくないエリアをプライバシーマスクで隠すことも可能。屋外用モデル「N-C5700」は、IP66対応に加え、親水コーティングにより雨天時でも見やすい映像を撮影できる。
リモートビューアーは同システム専用のビューアーソフトで、同一ネットワーク上での遠隔監視に役立つ。

TOA(株)
https://www.toa.co.jp/