北海道庁とタイアップし、 外国人観光客向けに観光・防災情報を多言語化し提供「MOTENAZ CLOUD」により北海道インバウンド観光需要拡大に貢献

エコモット(株)は、北海道庁とタイアップし、北海道庁が運営するブログ、SNS等の観光・防災情報等のコンテンツから外国人観光客に有益な情報を抜粋し、多言語化(14言語)して伝える、LPWA観光振興・災害支援サービス「MOTENAZ CLOUD(モテナスクラウド)」を展開することで、北海道へのインバウンド観光需要の拡大へ貢献していくとのこと。
北海道胆振東部地震の影響で北海道内の観光地では風評被害により大きな影響を受けている状況から、北海道庁を中心とした各種施策の実施により、国内はもとより海外に対しても正確な情報発信による風評被害の払拭に取り組んでいる。
また、同社が提供するLPWA観光振興サービス「MOTENAZ CLOUD」は、セルラーLPWA(LTE-M)対応のハンディ位置情報デバイスを併せて活用することで、デバイスを所持している外国人観光客に最適な観光・防災情報のウェブサイト、ブログ、SNS等のコンテンツから抜粋した情報を多言語化(14言語)して情報提供することが可能。
この様な背景から、北海道庁とタイアップし、北海道庁が運営する各種コンテンツを「MOTENAZ CLOUD」に連携して、外国人観光客に北海道内各地の正確な観光、防災等の情報提供することで、観光への満足度向上、災害に対する安心感を醸成し、北海道へのインバウンド観光需要の拡大へ貢献する。

◆「MOTENAZ CLOUD」と連携する北海道庁が運営するコンテンツ
・北海道庁広報Twitter
道政や北海道の魅力、災害に関する情報を発信
・北海道庁ブログ 超!!旬ほっかいどう
道内各地域の観光、イベント、食・特産品、歴史・文化や道政情報など北海道の「旬」な情報を発信
・北海道庁インターネット放送局 Hokkai・Do・画
道内各地の自然、歴史、観光名所の映像、道政広報番組、CM集など北海道の魅力・取組を映像で配信
・北海道ミライノート
インスタグラムを活用して、北海道の新たな魅力を写した画像を一般の方から募集し、未来に残したい画像をホームページで紹介
・北海道防災情報
道内の防災や災害、気象、地震などに関する情報を発信

◆ハンディ位置情報デバイス「HLP-200」
同社が開発したセルラーLPWA(LTE-M)通信に対応し、低コストで人やモノの動体管理を可能とするハンディ位置情報デバイス。
小型軽量ながらバッテリーによる長期間の位置情報収集が可能であり、本体の目立つ位置に配置されたボタンにて緊急通報、位置情報送信等が可能。デバイスの状態を視覚的に示すLEDインジケータの点灯と組み合わせて様々なサービスへの応用が可能。

エコモット(株)
https://www.ecomott.co.jp/