ネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」に 「OPTiM AI Camera for Retail CE」を提供 AIを活用し店内カメラ映像・タブレットから消費者の行動分析、 マーケティングデータ取得を支援

(株)オプティムは、(株)蔦屋家電エンタープライズが、2019年4月に二子玉川 蔦屋家電内にネット時代の次世代型ショールームとしてオープンする「蔦屋家電+」(ツタヤカデンプラス)へ、「OPTiM AI Camera for Retail CE」を提供する。
「蔦屋家電+」とは、五感で楽しむ「体験」と創り手との「繋がり」を提供するショールーム型の次世代店舗。最新テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、優れた技術を生かして開発された日用品、食品などのほか、発売前の最新プロダクトにも直に触れ、感じることができる。そして、創り手のプロフィールや製品に込められた思い、デザインのコンセプトなど、普段触れることが難しいリアルな情報を、「蔦屋家電+」のキュレーターが独自の目線で編集し紹介する。
その店舗に設置されたカメラで、来店者の属性および行動データをリアルタイムに個人を特定できないデータに変換・収集し、創り手にフィードバックすべく、同社のAI技術を駆使したサービス「OPTiM AI Camera」の「家電店」向けサービスである「OPTiM AI Camera for Retail CE」を提供することとなった。また今回の「蔦屋家電+」にて「OPTiM AI Camera for Retail CE」を用いて解析を行う際には、リアルタイムに高速かつ安定した解析処理を実現する環境を構築すべく、NVIDIAのGPUディープラーニングプラットフォームを用いている。

◆「OPTiM AI Camera for Retail CE」
「OPTiM AI Camera for Retail CE」とは、店舗内に設置されたネットワークカメラで撮影された映像をAIが分析することで「マーケティングデータ取得」「防犯セキュリティ強化」「業務効率化」の領域を支援することができる「OPTiM AI Camera」の「家電店」向けサービス。「マーケティングデータ取得」においては、来店者分析機能を活用することで属性・年代取得、店内行動分析機能では動線・滞留分析、ヒートマップ作成を行うことができ、顧客の属性・行動データを出展者に提供することで、より良い製品開発やマーケティングに参加することができる。「防犯セキュリティ強化」においては不審挙動検出機能を活用することで店内での防犯に関わる不審な挙動を検出し注意喚起を促し、「業務効率化」の面でもスタッフ管理、エリア別滞在時間管理機能などで業務内容の可視化を行い業務の適正化を図れる。

(株)オプティム
https://www.optim.cloud/services/ai-camera/