AHD2.0、アナログコンポジット同時出力に対応監視用高感度フルHDカラーカメラ ISD-890新発売

 池上通信機(株)は、AHD2.0に対応し、HDの高画質映像を既設の同軸ケーブルを活かしながらシステムの構築が行える監視用フルHDカラーカメラISD-890を新開発。鉄道市場における車掌用カメラのHD化やプラント市場、公共市場を中心に積極的に販売している。
ISD-890は、フルHD対応1/2型CMOSセンサを採用。AHD2.0対応により、S/N52dBの高精細なフルHD(1920x1080)映像の出力が可能。新たにケーブルを布線することなく、既設の同軸ケーブルを活かしながらフルHDによる監視カメラシステムの構築が行える。既存のインフラ設備を無駄にすることなく有効活用することで、費用の抑制や工期の短縮が可能となるなど、HD化へのシステム更新をサポートする。映像伝送距離は、アナログカメラと同様、同軸ケーブル(5C-FB)で最長500mまで伝送可能。
また、アナログコンポジットを同時出力できるため、既存アナログカメラシステムのカメラの入替え・更新にも対応。
感度は、電子感度アップ機能に加えデイナイト機能も搭載しているため、従来モデルと比べ、さらなる高感度化を実現している。最低被写体照度は、カラー時:0.002 lx / F1.4(映像出力50% 電子感度アップ64倍)、白黒時:0.0004 lx / F1.4(映像出力50% 電子感度アップ64倍)の高感度で屋外での昼夜連続の監視にも威力を発揮する。
その他、多彩な機能を装備。駅のプラットフォームなど屋外の逆光環境において、明暗差が激しくなる車両や人の動きを自然な映像で捉えることができるワイドダイナミック機能をはじめ、霧やモヤの環境下でも被写体を捉えるDEFOG機能など屋外環境で鮮明な映像を再現し、鉄道の安全運行など屋外監視において効果的な機能を装備している。
さらに画面上にマスクをすることで、プライバシーの保護が行えるプライバシーマスク機能、ズームレンズ無しでも最大10倍までズーム可能な電子ズーム機能など、監視カメラシステムとして高い機能性を誇っている。

池上通信機(株)
https://www.ikegami.co.jp/