防水タイプで日本へ再上陸「指紋で開ける南京錠」最大30個の指紋登録が可能 新モデルも複数リリース予定

エム・シー・エム・ジャパン(株)は、指紋認証型南京錠のリーディングカンパニーMicropixel社の「指紋で開ける南京錠 バイオフィンロック」シリーズ第一弾となる防水タイプの販売を開始。今後、同シリーズとして、複数の新モデルをリリースしていく予定。
バイオフィンロックは、指紋を登録しておくことにより、指をタップするだけで開錠できるデジタル南京錠。指紋が鍵の代わりになるため、鍵を持ち歩く煩わしさや紛失の心配がない。また、ダイヤル式コンビネーションロックのように暗証番号を覚える必要もないので、気軽に南京錠を使用できる。なんといっても小さくて軽いバイオフィンロックは、普段使いにもってこいなので、日ごろの防犯意識の向上にも一役買うことは間違いない。さらに、指一本で施錠・開錠できるバイオフィンロックさえあれば、「鍵がかかっている」という大きな犯罪抑止効果も期待できる。

・バイオフィンロック カラーバリエーション
バイオフィンロックは、普通の南京錠のように学校やジムのロッカー、リュック、ハンドバッグ、手荷物、ワードローブなどに幅広く利用可能。
・バイオフィンロック 利用シーン
バイオフィンロックは、IP67の防水防塵性能を備えているため、屋内の水回りや屋外でも使用できる。
30個の指紋を登録できるため、最大30人のゲスト登録が可能で、友人や家族とバイオフィンロックを共有することができる。
タッチわずか0.7秒で解錠、一度充電すると1,500回施錠・開錠に対応、指紋読取り方向360°対応など、充実した基本機能を備えている。

エム・シー・エム・ジャパン(株)
http://www.mcm.co.jp/