寒冷地における災害時の寒さに対応した 「緊急避難用寝具 寝袋タイプ」を販売開始

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ(株)は、災害及び緊急避難時に使用する寝袋タイプのデュポン(TM)タイベック(R)ソフトウェアESB(緊急避難用寝具 寝袋タイプ)の販売を開始する。
2018年9月6日。北海道で初となる震度7の地震が胆振東部を襲った。この地震では土砂崩れ等が発生し、40数名が亡くなるとともに、全道295万世帯が停電となり、復旧までに数日の時間を要した。寒冷地で冬季に停電が生じた場合、オール電化住宅、FFストーブをはじめとして、電気を使用するほぼ全ての暖房機器が使用できなくなることが考えられる。自治体が用意する避難所では、ブルーシート敷設と避難者一人当たり毛布一枚程度の備蓄に加え、冬用備蓄品の一つとして、アルミ製エマージェンシーブランケットも備えているが、保温効果が一時的で、通気性もないことから、身体からの発汗で内部が大量に結露し、その水分により衣服が濡れて低体温症の誘発に直結する恐れがある。また毛布の他に寒冷地用寝袋の使用が必須であるが、高額であるため避難想定人数分を備蓄することは財政的に難しく、また非常にかさばるので資機材倉庫のスペース確保が問題と考えられる。”
そのような声を受けて、冬季避難所における寒さ対策を研究する、日本赤十字北海道看護大学 災害対策教育センター長 薬学博士 根本 昌宏氏との共同開発により、タイベック(R)シルバー製デュポン(TM)タイベック(R)ソフトウェアESB(緊急避難用寝具 寝袋タイプ)がこの度完成し、販売を開始することになった。
タイベック(R)シルバーはアルミニウムの高い赤外線反射率で内側の熱放射を抑えるという特徴を活かし、温熱を確保しながらも透湿・防水性能も持ち合わせている。そのタイベック(R)シルバーを使用して作られた、デュポン(TM)タイベック(R)ソフトウェアESB(緊急避難用寝具 寝袋タイプ)は災害時における緊急避難用のみならず、目的に応じ、野外イベントやアウトドアスポーツなどの用途にも使用できる。
デザイン面では、首元にはフードのひもや寝袋内部からも閉められる2枚引き手のジッパーを採用。また、内側に毛布を入れて固定できる工夫もしている。
このデュポン(TM)タイベック(R)ソフトウェアESB(緊急避難用寝具 寝袋タイプ)は、2月より、新成物産(株)を通して販売が開始される。

◆主なの特徴
・保温性
デュポン(TM)タイベック(R)ソフトタイプにアルミ蒸着を施したタイベック(R)シルバーを使用している。ソフトタイプのタイベック(R)の柔らかな風合いに加えて、アルミコーティングにより体温の熱を逃しにくく、暖かさを確保する。
・透湿性
タイベック(R)製なので、適度な透湿性を有する。
・軽量
タイベック(R)は軽いので、睡眠中の圧迫感がない。約300グラム(1個当たり)
・省スペース
畳むと小さくなるので、保管スペースが節約できる。縦25cm x 横12cm x 高7cm (1個当たり)
・低コスト
単層での高機能不織布を採用し、使用部材を低減することで低コストを実現。また、使い切り製品なので再利用にかかるコストが発生しない。
・使い切り製品
感染症対策や衛生面からの観点から、使い切りでの使用を想定している。

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ(株)
https://www.tyvek.co.jp/