環境センサーは気温・湿度・気圧を、人感センサーは人を感知 遠隔地の状態をクラウドに記録、異変があれば通知やIoT機器と連動可 どこからでも遠隔地の状況確認ができる「どこでもセンサー」新発売

プラネックスコミュニケーションズ(株)は、遠隔地に住む親の見守り、無人施設の防犯、環境調査、行動調査などに利用できる2種類の「どこでもセンサー」の発売を開始した。
「どこでも環境センサー WS-USB01-THP」は気温、湿度、気圧のデータを、「どこでも人感センサー WS-USB02-PIR」は人や動物の接近を検知し、クラウドを経由して何処からでもデータを知ることができる。価格はオープンプライス。
「どこでも環境センサー」は気温、湿度、気圧のデータを常時計測、「どこでも人感センサー」は赤外線検知により人や動物の接近を常時検知し、計測値や検知した回数をクラウドに保存。
「どこでも環境センサー」は気温、湿度、気圧が設定値を超えたり、下回った際に、「どこでも人感センサー」は設定した検知回数を超えると、メールで通知することができる。加えて同社IoT製品の「スマソケ」やかんたんネットワークカメラ「スマカメ」と連動することも可能で、「どこでもセンサー」からコンセントのオン・オフやカメラ映像の撮影を行うこともできる。
「どこでもセンサー」はUSB給電で稼働するので、USB電源アダプターやモバイルバッテリーがあれば何処でも設置できる。無線LAN(2.4GHz帯)を利用してクラウドにデータをアップロードするので、無線LANルーターやスマートフォンのテザリング、モバイルルーターなどと組み合わせて使用する。

◆使用例
遠隔地に住む親の見守りに使用する場合、「どこでも人感センサー」は人が行動していることを検知。「どこでも環境センサー」は室温を計測できるので、夏場にエアコンが稼働しているかを知ることが可能。親族であってもプライバシーの観点でカメラの設置が躊躇されるケースでも、「どこでもセンサー」は設置が容易と考えられる。
深夜のオフィスや遠隔地の倉庫などに「どこでも人感センサー」を設置すれば、侵入者を検知し、メールで通知することができる。スマカメを連動させて録画をすることも可能だし、スマカメの通話機能を利用して、侵入者に警告をすることもできる。
「どこでも環境センサー」は節電対策として離れたオフィスのエアコンの使用状況をモニタリングできるし、「どこでも人感センサー」は働き方改革の基礎資料として、残業時間を把握するためのデータ収集にも利用できる。
「どこでもセンサー」はクラウドにデータが常時保存されるので、離れた場所の状況をいつでも、何処からでも知ることが可能となり、様々なシーンで活用できる。

プラネックスコミュニケーションズ(株)
http://www.planex.co.jp/products/ws-usb/