東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨・北海道地震等 多くの被災地で活躍してきた自動ラップ式トイレ 「ラップポン」が2019年6月に新商品を発売

日本セイフティー(株)は、水を使わず、熱圧着によって排出物を1回毎に自動で個包装に密封(ラップ)する災害用トイレである自動ラップ式トイレ「ラップポン・トレッカー WT-4」を2019年6月に発売開始する。
「ラップポン・トレッカー」は、同社が開発した自動ラップ式トイレで、水を使わずに熱圧着によって、排出物・臭い・菌を1回毎に自動で個包装に密封(ラップ)する、持ち運び可能な災害用トイレ。密封(ラップ)された排泄物からは菌がもれず、感染症予防に役立つ。東日本大震災をはじめ、ラップポンシリーズは多くの災害現場で活躍してきた。
2019年6月に販売開始する「ラップポン・トレッカー WT-4」は、前タイプより持ち手などを握りやすくして持ち運びをしやすくし、音声ガイドやリモコン表示などの機能を追加。サイズもコンパクトになり備蓄性、設置性を良くした。使用後1分で省エネモードになり、60分以上使用しない場合電源が自動的にOFFになる待機モードを搭載したので、長時間使用していない際のバッテリー(別売)の消費をさらに軽減できるようになった。
昨今、災害関連死についてマスメディアで取り上げられている。災害関連死とは、災害による直接的な被害ではなく、避難生活の疲労や環境の悪化等間接的な原因で亡くなること。災害関連死を防ぐためにも、トイレは重要なキーワード。水や食料よりも我慢できないのがトイレ。水が流れなくなった不衛生なトイレでも、我慢できなくなれば使用してしまう。不衛生なトイレを使用したくないために、食事や水分補給を控え、「エコノミークラス症候群」を発症し、死に至ることもある。トイレを我慢する必要のない環境を作ることは、関連死の防止にとって、非常に重要になる。
電源をつなげるところがあればどこでも使用できるため、近年ではキャンピングカーに搭載する一般の方も増えている。排出物・臭い・菌を1回毎に自動で個包装に密封(ラップ)するため、感染症予防にも役立ち、キャンピングカーにも設置したいと考える方が増えているようだ。

日本セイフティー(株)
http://wrappon.com/