i-PRO EXTREME(アイプロ エクストリーム)シリーズ赤外線照明搭載PTZネットワークカメラ 2機種を発売

パナソニック(株)は、i-PRO EXTREME(アイプロ エクストリーム)シリーズの新製品として赤外線照明を標準装備したPTZ(パン・チルト・ズーム)ネットワークカメラ2機種の発売を2019年7月より開始する。
両製品は、従来のPTZ(パン・チルト・ズーム)カメラの機能に加え、赤外線照明(LED)を搭載しており、明るい昼間だけでなく、夜間、照明の一切ないゼロルクスの場所でも監視を行うことができる。例えば、都市部から距離をおいた工場などの外周や構内、大規模な駐車場、変電所、送電所などの設備、河川の水位監視、さらには道路、市中監視においても、効果を発揮することができる。
一般的に、夜間、照明の無い場所では、被写体にオートフォーカスで焦点を合わせることが難しくなる。さらに、監視対象となる被写体のある場所が暗く、かつ、その手前などに街灯の光がある場合、赤外線を照射しても焦点を合わせることが困難になるという課題があった。両製品は、周辺にある光の影響を軽減し、監視が必要となる被写体のある暗い場所にも焦点を合わせやすくすることで課題を克服し、夜間の環境下においても優れた映像での監視を実現した。また、WV-X6533LNJに搭載している最大40倍の光学ズーム機能により、画質を損なうことなく離れた場所にある被写体をより正確に捉えることができる。赤外線照明と光学40倍ズームにより、夜間や照明の無い場所でも、350 m先の被写体を視認することが可能となり、1台のカメラで広範囲の監視を実現する。(WV-S6532LNJは、22倍光学ズーム、赤外線照明到達距離100 m)

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話 0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
◆主な特長
・光学40倍ズームと350 m先まで照射可能な赤外線照明(LED)を搭載(WV-X6533LNJ)
光学40倍ズームと350 m先まで照射可能な赤外線照明によって、昼夜を問わず、遠く離れた被写体を正確に捉えることができる。従来、被写体との間に街路灯などの光源があると、そこに焦点が合ってしまうことで、本来監視したい被写体に対する焦点が合わせづらい課題があった。可視光カットフィルタを搭載することで、昼間と遜色なく被写体に焦点を合わせやすくした。必要なシーンを見逃さず運用することが可能になる。
・ズーム揺れ補正:高度な揺れ補正機能により、高倍率ズーム使用時も揺れによる映像への影響を大幅に削減(WV-X6533LNJ)
高倍率ズームで離れた被写体を撮影した場合、僅かな揺れが非常に大きな映像の乱れになるが、高度な揺れ補正機能を搭載しており、ジャイロだけでは検出できない細かな揺れを、画像ベクトル検出の併用で高精度に補正し、映像への影響を最小限にとどめ、安定した監視映像を提供する。
・アドバンスド親水コートによって、雨天などの気象条件でも鮮明な映像を実現
雨天時など、雨粒がカメラのレンズカバーに付着すると、映像に影響を与えて、見たい部分が見えない場合がある。夜間の赤外線照射時には特に映像に影響が出る。アドバンスド親水コートによって、雨があたっても、粒状になって付着しないようにすることで、クリアな視界を実現。さらに、レンズカバー表面に汚れがつきにくく、雨水が当たることで表面の汚れを洗い流す効果もあり、メンテナンスにかかる手間やコストを削減することもできる。
・H.265とスマートコーディングによるデータ高圧縮でネットワークへの負荷を軽減、録画時間を伸長
・高耐久性を実現するギアドライブ式パン・チルト機構の採用
・「データセキュリティ・高信頼性」:認証局が承認したデバイス証明書をカメラ標準搭載
・梱包箱を開けずにカメラの設定が可能な「かんたんキッティング梱包」を採用
・iA(インテリジェント オート)機能により、変化する周辺環境に合わせて最適のパラメータを自動設定
・IP66対応で、屋外の風雨が直接当たる場所にも、そのまま設置可能

パナソニック(株)
https://sol.panasonic.biz/security/