廉価版4Kネットワークカメラ発売 従来コストで超高精細な4K防犯システムを構築可能

(株)LISWAYは、超高精細・コストパフォーマンスに優れた廉価版H.265(HEVC)方式4Kネットワークカメラ5種の販売を開始した。

◆4Kネットワークカメラの課題を解決
・導入コストが高い
従来のフルHD1080p/H.264カメラと同等のコストを実現
・録画時間が短い
H.265+方式の採用でフルHD1080p/H.264カメラと同等の録画時間を実現
・ネットワーク負荷が大きい
H.265+方式の採用でフルHD1080p/H.264カメラと同等の帯域を実現

◆主な特長
・廉価版
既存の防犯カメラは録画時間を伸ばすためにフレームレートを下げて使用される場合が多いことに着目し、4Kフレームレートを最大15fpsに抑えることにより4KでフルHD1080pカメラと同程度の価格を実現した。
・H.265(HEVC)+コーデック方式
次世代コーデックH.265(HEVC)+を採用し、4KでフルHD1080pカメラと同程度のビットレートを実現した。
これにより既存の4K防犯システムの下記欠点を改善した。
4Kカメラはデータ容量が大きいため録画時間がフルHDの1/4以下になる
4Kカメラはデータ容量が大きいためネットワーク負荷がフルHDの4倍になり安定した運用が困難
・4K超解像度
1/2.5”800万画素のCMOセンサーを採用し、夜間もクリアでノイズの少ない鮮明な超解像度3840×2160(4Kフル規格)/最大15fpsを実現した。
・高感度CMOSセンサー
0.001~0.002ルックスの暗い環境でもカラー撮影可能な高感度CMOSセンサーを採用した。
・スーパーWDR
スーパーWDRを採用しており、コントラスト差の大きい被写体でも暗部の黒つぶれが少なく明るい撮影が可能。
・4K対応NVRネットワークビデオレコーダー対応
4K対応NVRネットワークビデオレコーダーも提供し、高性能4Kパソコン無しで4K防犯システムを構築可能。
・SDカード搭載可能
MicroSD/SDHC/SDXC最大128GBを搭載可能で、カメラ本体のみで録画が可能で、SDカードに録画されたファイルをネットワーク経由でダウンロード視聴可能。
・標準インタフェース規格ONVIF Profile S & G
ネットワークカメラの標準規格ONVIF Profile S & Gに対応しており、同一規格の他社製品との接続も可能。
・カメラ電源工事不要(Power over Ethernet <PoE>受電)
カメラはPoE(IEEE802.3af準拠)に対応しており、PoE規格対応のスイッチングハブから電源供給が受けられ、カメラ専用の電源工事の必要がない。

(株)LISWAY
http://www.lisway.co.jp