森ビルと、AIを活用したビルオートメーションシステム向けセキュリティ技術の実証実験を開始、技術開発を加速

パナソニック(株)は、森ビル(株)とビルオートメーションシステム向けのセキュリティ技術について既設ビルでの実証実験を1月末から開始し、技術の開発を加速している。
また、サイバーセキュリティ技術の認知拡大のため、東京(汐留浜離宮ビル内)にパートナー向けにショウルームを開設した。
昨今、ビル設備の多くはビルオートメーションシステムによるネットワークを利用した集中制御がされており、省エネや管理の省力化、居住快適性の向上に役立てられている。しかし、ビルオートメーションシステムにはIP(Internet Protocol)を利用したオープンな規格のプロトコルが用いられることが増えてきたため、多くのITシステムと同様、サイバー攻撃にさらされる危険性が高まっている。
この脅威に対抗するため、パナソニックは森ビルとビルオートメーションシステムで主流のプロトコルであるBACnet/IP(Building Automation and Control Networking protocol)による通信を監視し、AI(機械学習)により普段の通信を学習することで異常を検知する技術の開発を進めている。開発中の技術は、制御コマンドのバイト列の異常性や送受信される制御コマンド順序の異常性など、送受信されるパケットから様々なタイプの異常性を判定する複数のアルゴリズムから構成され、過去に出現した例がない未知の攻撃に対しても異常性を判定することが可能。
既に技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)の実験設備において、同技術の有効性が確認されており、今回の実証実験開始に至った。
なお、同技術については、制御システムセキュリティにおける世界最大級の会議であるS4x19で発表した。
また、開設したショウルームでは、サイバーセキュリティ技術の紹介やシステム監視のデモを行い、技術の認知拡大を図っていく。

パナソニック(株)
https://sol.panasonic.biz/security/