近づくだけで鍵が自動で開く 賃貸管理にも最強のスマートロック EPIC ES-F300D発売

(株)エナスピレーションは、近づくだけで勝手に鍵が開くスマートロック ES-F300Dの発売を開始した。
ES-F300Dはスマートフォンアプリ(Android/iPhone)に対応し、スマホを持っていれば鍵に近づくだけで勝手に鍵が開く「スマートオープン」や、スマホを持っている状態で鍵本体をタッチすれば解錠する「マジックタッチ」に対応している。
スマートオープンを使うことにより鍵を探したり解錠操作をする必要はなく、近づくだけで自動的に解錠する。
「スマートオープン」機能は指定した一定距離を離れないと動作しない。そのため家の中で勝手に鍵が開くということはない。
またスマホとの連携をよりスムーズかつ確実に行うため、Bluetooth(R)は室外側の機械に搭載した。これによりスマートロックにありがちな「スマホとの接続がなかなかうまくいかない」といった問題を解決することができた。
合鍵はアプリやWEB上から簡単に作ることができる。その鍵をショートメールで送ったり伝えるだけで、鍵をもらった人は解錠することが可能。もちろんその鍵の利用できる日時、曜日を制限することもでき、民泊、訪問介護、納入業者、清掃業者、リフォーム業者など利用期間の制限をかける必要がある用途にも最適な鍵となる。
アプリを使えば物理的な鍵の受け渡しは一切必要ないため、これまでのように鍵の受け渡しに時間を取られることがなく、全てデータで管理が可能。
アプリを利用した解錠は全て履歴が残り、その履歴はアプリやWEB上から、最大過去2ヶ月間の履歴を閲覧することが可能。
別売りのWi-Fiブリッジを利用することで、アプリから遠隔操作が可能になる。倉庫など普段は誰もいないけれども、業者の出入りがある扉でその度に対応が必要な場所などは、遠隔操作で解錠することにより煩わしさから解放される。鍵がきちんと施錠されているか、解錠されているかを確認することもできるため安心して利用できる。
アプリを使って解錠すると(スマートオープンやマジックタッチも含む)、リアルタイムで通知が届くため、家族の他、民泊宿泊者や業者など、誰が入室したかをリアルタイムで把握することが可能。
ES-F300Dは賃貸管理に最適な4段階の利用者レベルを搭載。権限が強い順から、最高管理者、一般管理者、ユーザー、ゲストがある。それぞれ物件所有者、管理会社、入居者、入居者の友達などに振り分けることにより、すべての利用者が安心して利用することが可能。もちろん入居者(ユーザー)のロックアウト機能なども搭載している他、オートロックや音量など基本機能をユーザーが変更できないように設定することも可能。
ES-F300Dは利用者レベルを4段階搭載しており、管理者だけで2段階ある。家庭ではそこまでの機能は必要ない場合、管理者機能を使わずに利用することも可能。「機能は豊富!だけど女性でも使いやすい!」をコンセプトに開発された。
解錠方法はアプリの他、暗証番号、指紋、ICカード、リモコン(別売。2019年夏頃発売予定)、無電圧a接点に対応。暗証番号や指紋であれば何も持っていなくても解錠できるため、スマホを持ち歩かずに外出したとしても閉め出される心配はない。
ICカードはMIFARE(R) Classic規格の他、FeliCa(R)規格に対応しているため、交通系ICカードを登録して利用することも可能。
また無電圧a接点を搭載しているため、電気錠解錠機能の付いたインターホンと接続することも可能。インターホンと接続することにより、来客時にわざわざ玄関に行かなくてもインターホンからその場で解錠することが可能になる。
ユーザーの登録最大数は、指紋が100個、ICカードが最大200個、アプリが10,000人に対応している。
もちろんオートロックにも対応し、ドアを閉めれば自動的に施錠されるため鍵を締めたかどうか心配する必要はない。オートロックは有効/無効を設定することができ、その他にも施錠忘れお知らせ機能、二重認証モード、基本音量など細かい設定も可能。
面付型を採用したことにより、使用中の鍵に関係なく、設置スペースさえあればほぼすべてのドアに取り付けることが可能。また別途、豊富な取付部材を用意しているため、そのままでは取り付けできなくても、取付部材を使うことにより対応できることもある。設置はネジ止めで行うためガッチリと固定でき、使っているうちに外れてしまうということもない。

(株)エナスピレーション
http://globalepic.co.jp/products/es-f300d.html