ディープラーニング応用による世界最高水準の顔認証技術「顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム(KPAS)」受注開始

パナソニック(株)は、ディープラーニング技術を応用した顔認証技術の活用による「入退セキュリティ&オフィス可視化システム(KPAS:ケイパス)」の受注を2019年4月から開始する。
従来のICカードを用いた入退セキュリティシステムは、社員や来訪者の登録・発行・配布に時間とコストがかかることや、カードの貸し借りによるなりすまし・不正入場、盗難・紛失等によるセキュリティインシデント発生が課題となってた。「顔認証入退セキュリティ&オフィス可視化システム(KPAS)」は、一括の顔登録に加え、専用端末での顔と名刺を同時に登録し最短15秒で利用できる。これにより社員のみならず来訪者の入退管理を可能とし、登録可能人数は最大3万人と大規模オフィスビルにも対応する。
加えて顔と名刺を連携させた情報は、会議室に設置した端末と併用することにより、社員用PC等から即座に参加者の顔と名前・訪問履歴等を確認することができる。さらに情報を蓄積することで人脈相関図としてグラフィカルに表示が可能。これら情報を活用することで社員別・組織別の人脈の可視化や施設稼働率の分析等、働き方改革の指標や、社員活動の活性化に活用することができる。
「KPAS」は、同社のB2B向けIoTサービス「μSockets(ミューソケッツ)」の一つとして提供。今後、同社が有する現場ノウハウとμSocketsで提供する先進コア技術をベースとした様々なマイクロサービスを掛け合わせることで、B2B現場の可視化・分析、課題解決を図り、現場プロセスイノベーションの実現により、ユーザーに貢献していく。

◆主な特長
・使いやすさを追求した、かんたん・スピーディーな顔認証オフィス入退セキュリティ
同システムは、顔登録は最短で15秒、顔認証は1秒以内とスピーディーで利用者に負担が少なくストレスフリー。顔登録は最大で3万人が登録可能で、管理者による一括登録もできるので大規模なオフィスビルへの導入も可能。利用者の登録・発行に時間がかかっていた従来の課題を解決する。来訪者のゲストカード発行も省力化できるので、来訪者の受付時のカード発行の待ち時間も大幅に短縮できる。同社独自のディープラーニング技術を応用した顔認証技術は、顔特徴の変化に強く、利用者の年齢の10年程度までの経年変化、サングラスを含むメガネ、マスク、メイクなどの変化にも対応して認証が可能。利用者が認証のためにメガネやマスクを外したりする手間もいらず、両手が荷物でふさがっていても認証できるなど、利用者の様々な状況に対応でき便利。
また家電で培ったノウハウを活かし、ユーザーとの実証実験を重ねて使いやすさを徹底追求したデザインは、使い心地が良く快適なオフィス空間づくりを目指している。
・安全性を考慮した入退セキュリティにより従業員や来訪者の安心、安全に貢献
顔認証の入退では、従来のICカード入退で課題となっていたなりすましやコピーによる不正入場の抑止効果や、カードの盗難や紛失などのリスクも低減。顔データは暗号化して登録され、顔登録、認証時の個人情報データは登録用レジスター、ゲート、認証チェッカーなど端末側では即時廃棄され残らない。個人情報はサーバーで管理され、有効期限の設定により自動削除も可能なので安心して運用できる。基本システム構成に加え、ユーザーのオフィス環境に合わせた提案も可能。KPASチェッカーは、標準の壁掛けタイプに加え、スタンドタイプなどユーザーの現場のニーズに合わせた導入が可能。またKPASゲートは、アダプタによる他社製品への組込みや独自デザインのゲートの提供も検討中。ユーザーの既存システムとの連携、今後の拡張性を踏まえたラインアップを拡充していく。
・会議で便利なデジタル名刺、人的ネットワークの見える化など、データをビジネスで活用が可能
顔登録時に名刺情報を登録することで、会議中にポータルサイトに来訪者の顔写真入りの「デジタル名刺」を表示、顔と名前が一致しないという困りごとを解決。さらに入退室で使用した顔情報でオフィスの人脈相関図として可視化などにも活用することができる。

パナソニック(株)
https://panasonic.biz/cns/invc/kpas/