3D LiDAR (TOF)センサー新モデル「HLS-LFOM5A」販売開始

(株)日立エルジーデータストレージは、3D LiDAR (TOF)センサーのリテール向けの新モデル「HLS-LFOM5A」の販売を開始した。
リテール向け3D LiDAR (TOF)センサーの従来機種であるHLS-LFOM5は、同社が提供する動線計測アプリケーションにより、複数のセンサーをつなぎ合わせて広い店舗での動線計測が可能なため、店舗への導入が急拡大している。
今回発売したHLS-LFOM5Aは、新開発の高光利用効率レンズの採用により、従来機種にくらべ遠距離および画角周辺部を含む全体的な検知精度が向上しているので、複数センサーをつなぎ合わせて広い店舗内で動線計測を行う場合、センサーの台数が少なくて済む上に計測精度も向上する。
HLS-LFOM5Aの発売に合わせ、SDK(ソフトウェア開発キット)の新バージョンv2.3.0をリリース。SDK v2.3.0ではHLS-LFOM5Aのサポートに加え、従来機種でも利用可能な(※ファームウェアのアップデートが必要になる場合がある)、遠距離の検知精度向上や新しいノイズ除去機能などが追加されている。

(株)日立エルジーデータストレージ
http://hlds.co.jp/v2/j_index.html