同軸ケーブルでフルHD画質を実現するHDアナログシリーズ カメラ8機種、ディスクレコーダー3機種、カメラ駆動ユニット2機種を発売

パナソニック(株)は、既設同軸ケーブル配線を活かしながら、高解像度フルHD映像による監視を可能とする方式を「HDアナログ」として、HDアナログカメラ、HDアナログディスクレコーダーなどの新たなシリーズを2019年8月より発売する。
近年、監視防犯カメラの高解像度化が進み、アナログからIPシステムへの移行が進んでいる。一方、既存設備を最大限活かすことで、移行のための初期投資を抑えたいという要望がある。同社は、これらの要望に応え、既設同軸ケーブル配線を活かしながら、高解像度フルHD映像による監視を可能とするHDアナログ製品ラインアップを発売する。HDアナログシステムは、従来のアナログシステムでは実現できなかった高解像フルHD(1920×1080)での表示、記録を可能とし、更にネットワークの設定作業などを行わなくても同軸ケーブルを繋げるだけで直ぐに映像を確認できる手軽さがあり、設置、調整にかかる手間、時間を抑えることができる。これにより、既存アナログ環境を活かしながらセキュリティの向上を実現する。
尚、同製品の発売に伴い、従来のアナログ製品(カメラ、レコーダー、関連機器など)の生産、販売を順次終了し、同製品への切り替えを行っていく。

◆主な特長
・既設の同軸ケーブルをそのまま活用しながら高解像度フルHD映像を撮影、記録可能。
既設同軸ケーブルの配線を活かしながら、高解像度フルHD映像の撮影、記録が可能。システム導入時の初期コストを抑えながら、アップグレードが可能。
ネットワークカメラと比較し、同軸ケーブルを使ったHDアナログシステムでは100 mを超える距離をケーブルの配線のみで対応可能。
・赤外線照明内蔵により、ゼロルクス環境でも最長40 m※2先まで人やものの動きを視認可能。
カメラ本体に赤外線照明(LED)を内蔵している(屋内ボックスカメラを除く)。夜間や照明の無い場所でも最長40 m先の人やものの動きを白黒映像で視認できる。
撮影画角範囲を均一に赤外線照射することにより、特定の場所だけ白とびして見えなかったり、その他の部分が逆に暗くて見えないといったことが無く、全体を最適な状態で確認することができる。
・ 既存の当社アナログシリーズモデルとの互換性やGUIの統一感を確保※3。
HDアナログディスクレコーダーで、同社製既存アナログカメラの録画ができ、既存のアナログカメラを活かしながらアップグレード可能
HDアナログカメラの映像をCVBS(コンポジット出力)に切り替えることで、同社製既存デジタルディスクレコーダーに録画ができ、既存のデジタルディスクレコーダーを活かしながらシステムアップが可能。
同社製既存デジタルディスクレコーダー(WJ-HL216B/WJ-HL208B/WJ-HL204B)と共通のGUIを搭載。設置、設定から運用まで、従来システムの操作性を実現。

パナソニック(株)
パナソニック システムお客様ご相談センター
TEL 0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
https://sol.panasonic.biz/security/