興安計装、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、小規模オフィス向けセキュリティマネジメントサービスを提供

興安計装(株)はウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(株)と2019年3月13日にWatchGuardONE パートナープログラムの契約を締結した。
これにより興安計装は、MSSP(マネージドセキュリティサービスプロバイダ)パートナーとして、ウォッチガード社のUTM(統合脅威管理)製品と、同社の24時間365日ネットワーク監視を行うオペレーションセンタを活用した小規模オフィス向けセキュリティマネジメントサービスを開始。新サービスは自社ブランド「Owlook(アウルック)」の新メニューとして2019年4月中旬より開始予定。詳細は後日発表。
近年、企業を標的にしたサイバー攻撃が複雑化・巧妙化し、エンドポイントでの防御だけでは企業の情報資産を守ることが難しくなっている。しかし、中小企業や小規模事業者にとっては、導入・運用のコストや人的リソースの問題から十分なセキュリティ対策を講じることが難しいケースが見受けられる。
こうした課題に対し、中小規模事業者向けのUTM製品をラインナップするウォッチガー・テクノロジー・ジャパンと、24時間365日監視・運用のノウハウと自社ブランド「Owlook」で小規模事業者を顧客に持つ興安計装が協業することで、小規模事業者に向けた新しいセキュリティマネジメントサービスを開発した。
「Owlook(アウルック)」は、興安計装が手がける企業向けシステムマネジメント、およびネットワークセキュリティマネジメントのサービスブランド。

興安計装(株)
https://www.owlook.jp