最先端エコカメラ「モバイルソーラーカメラ」の販売開始 ソーラーパネル一体型モバイルカメラをNECネッツエスアイと共同開発

(株)CHO&CompanyとNECネッツエスアイ(株)は、モバイルソーラーカメラ(CC102S38W24A)を共同開発し、NECネッツエスアイが総販売代理店として日本で発売を開始し、将来的に海外でも販売を行っていく。
今回販売を開始したモバイルソーラーカメラは、カメラ、ソーラーパネル、バッテリーが一体型のモバイルカメラとして、世界に先駆けて発売するもの(同社調べ)。ソーラーパネルにより電気を供給するため、電源が不要となり、これまで設置が困難だった自然環境下の河川や山間部などの場所でも活用できる製品となっている。満充電なら日照がなくても約3日間の継続利用が可能で、MVNOをはじめ様々な4G(LTE)/3Gのモバイル回線が利用できる。

◆モバイルソーラーカメラの主な機能
・電源工事、LAN工事、通信機器、レコーダ すべて不要
どこにでも取り付けできる「簡単設置」で大幅なコスト削減が可能
・フル充電状態で約3日間、曇りでも発電しながら充電可能
充電量に応じて自動でセーブモード切替え可能
・省エネモード及び様々な設定が可能
タイマーモード、パワーセーブモードなど
・カメラの状態を遠隔地から管理することが可能
カメラの中の温度、発電状態、バッテリー残量など
・耐寒性の高いバッテリーを採用
マイナス20度~60度でも稼動可能
・独自の映像伝送技術を使ったLTE(4G)/3Gモバイル通信で送信
低ビットレートなので通信費用が安い(128Kbpsで動画の閲覧ができる)
・高いセキュリティ性を持つ
WiFiルーターなどを介さず、LTE(4G)/3Gのみで通信

(株)CHO&Company
http://www.cho-co.jp