スマホでのネット詐欺に注意を。検知数が増加している。インターネット詐欺リポート(2019年2月度)

BBソフトサービス(株)は、2019年2月度のインターネット詐欺リポートを発表した。
このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威に対する注意喚起を目的として、同社の「詐欺ウォールTM / Internet SagiWall (R)」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するもの。

・検知状況
2019年2月度の総検知数は102万2,628 件となった。前月から引き続きワンクリック・不当請求詐欺の検知件数が増加傾向となりフィッシングの検知割合が減少。ワンクリック・不当請求の検知はスマホ(Android・iOS)が多く、フィッシング詐欺の検知数は逆にWindowsが多くなっている。
・詐欺ウォールで検知したサイト
ワンクリック・不当請求詐欺サイトは、前月比0.27 ポイント増加した。
フィッシング詐欺サイトは、前月比0.71ポイント減少した。
マルウエア感染サイトは、前月比0.16ポイント増加した。
ボーガスウエア配布サイトは、 前月比0.33ポイント増加した。
ぜい弱性悪用サイトは、前月比0.05ポイント減少した。

・SMSからのネット詐欺被害が急増している
iPhone向けSMS詐欺対策アプリ『SMS詐欺ブロッカー by 詐欺ウォール』を2019年12月31日まで無料で利用できる。

◆詐欺サイトの見分け方
・会社概要をチェックする。
海外の業者は会社概要や問い合わせ窓口の情報が曖昧なことがある。詐欺サイトでなくともこのような業者から購入するのはリスクが高いと考えまよう。
・住所を検索して、会社の存在をチェックする。
日本の住所表記や会社名が表記されている場合でも、住所検索で実在する住所かどうか、その住所に会社があるか確認しよう。
・決済方法、口座名義をチェックする。
本物と区別がつかないような、完全コピーの偽サイトでは、決済方法をチェック。銀行振り込みしか決済方法がない場合、口座名義が見慣れない名義(無関係な会社名義や個人名など)の場合などは、詐欺サイトの危険性が極めて高くなる。
・SSL通信が提供されているかどうかを確認する。
個人情報(メールアドレスやクレジットカード番号など)を入力するページのアドレスバーに錠マークが表示されない場合には、注意が必要。

◆「詐欺ウォールTM / Internet SagiWall (R)」
「詐欺ウォールTM / Internet SagiWall (R)」は、ウェブブラウザーでアクセスしたウェブサイトの“コンテンツを解析”し、悪意のあるコンテンツをリアルタイムで検出。悪意のあるコンテンツを検出した場合、そのサイトへのアクセスを警告し、フィッシング詐欺やさまざまなインターネット詐欺の脅威からユーザーを守るセキュリティー対策ソフトウエア。AI検知機能を組み込んだトリプルエンジンの検知力で、ウイルス対策ソフトウエアをすり抜けてきたブラウザー経由の脅威を検出し、日々進化する脅威に対応する。

BBソフトサービス(株)
https://bbss.co.jp/