サイバー攻撃への補償までを付帯したサイバーリスク保険を 国内で初めてJIG-SAWが11社のクラウド契約に無償で自動付帯開始

JIG-SAW(株)は、東京海上日動火災保険(株)と連携し、2017年3月より提供しているセキュリティ事故に対する保険を自動的に付帯する「クラウドユーザー向けサイバーリスク保険自動付帯サービス」に“サイバー攻撃に関する補償”を新たに追加した。加えて補償対象のクラウドを11社へ拡充したサービスを国内で初めて提供する。

◆対象クラウドサービス (アルファベット順)下記クラウドサービス契約時に全て補償が自動適用される。
1. Alibaba Cloud
2. Amazon Web Services
3. Azure
4. BIGLOBE クラウドホスティング
5. Cloudn
6. Google Cloud PlatformTM
7. IBM Cloud
8. IDCFクラウド(IDCフロンティア)
9. NEC Cloud IaaS
10.Nifcloud
11.Oracle Cloud
※Amazon Web Services は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標。
※Google Cloud Platform は、Google LLC の商標または登録商標。
※IBM は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標。
※その他、記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標。

◆サイバー攻撃に関する補償の概要
今回、補償範囲を拡大する事で以下のようなサイバー攻撃に起因して発生した損害に対しても補償の対象となる事でユーザーが今まで以上に安心してクラウドシステムや同社のサービスを利用できるようになる。
・不正アクセス等によりシステムが停止し、そのシステムの利用者からの損害賠償請求費用
・不正アクセス等の原因調査のために支出する費用
・セキュリティ事故に関して支出する弁護士報酬
・セキュリティ事故発生時の対策もしくは再発防止策に関するコンサルティング費用
・不正アクセス等が発見されたことにより、ネットワークの遮断対応を外部委託した場合に支出する費用
※同社経由で提供するクラウド上で発生する場合に限定される。

JIG-SAW(株)
https://www.jig-saw.com/