アットホームと応用地質が業務提携 地盤情報の可視化サービスを共同開発

アットホーム(株)と応用地質(株)は、地盤に関する情報を分かりやすく把握 できるサービスを共同で開発、2019年6月より全国のアットホーム加盟店に向けて提供を開始する予定。
近年、地震に伴う液状化の問題や、複雑な地質構造に起因する建物の施工事故の報道などにより、「地盤リスク」 に対して社会的な関心がますます高まっている。しかしながら、戸建て住宅などの地盤の情報は、通常は土地購入後に宅地の地質調査を行うまで分からないことも多く、土地や住宅の購入希望者は不安を抱えたまま検討しているのが実情。 こうした背景を受け、全国約 50 万カ所のボーリングデータ等を保有する地盤、地質調査のパイオニアである応用地質と、全国 55,000 店以上の不動産会社が加盟するネットワークを運営する不動産情報サービスのアットホームは、互いの強みを結集し、不動産取引の際に不動産仲介会社が専門知識を持たない土地所有者や購入検討者に地盤の状況と必要な補強に関する情報を分かりやすく提供できるサービスを開発している。
同サービスは、実際の地盤調査データをもとに応用地質の“3 次元地盤解析システム”を用いて作成した地盤 モデルを活用し、指定した戸建て住宅などの宅地に想定される地盤リスクと補強工法を解説するレポート作成サービス。すでに住宅などが建っている土地についても、手間をかけずに地盤の概要を知ることが可能。

応用地質(株)
https://www.oyo.co.jp/