企業のIoT導入を容易にする新しい自動化セキュリティと次世代無線ソリューションを発表

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(NYSE: HPE、米国)は、企業がIoTを迅速かつ容易に導入できるよう二つの新しいソリューション、「Aruba ClearPass Device Insight」ならびに802.11ax(Wi-Fi 6)IoT対応アクセス・ポイント(AP)「Aruba 530」「Aruba 550」シリーズを発表した。「Aruba ClearPass Device Insight」は統一インターフェースによるデバイスの可視化、機会学習を応用したデバイスの自動検知機能(採取および識別)を提供。また、同時に発表したアクセス・ポイント「Aruba 530」「Aruba 550」は、802.11ax(Wi-Fi 6)対応機器の中でも業界最先端の機能を提供するArubaのIoT対応APファミリーに新たに加わったシリーズ。両製品は一体となって、IoTセキュリティや接続性に関する障害を除去し、管理に伴う運用コストや複雑さを削減する。
世界中の組織が、自社のIoT戦略を進めていく上で、セキュリティや接続性に関し様々な課題に直面している。ネットワークには毎日、1,400万台を超えるコネクテッド・デバイスが新たに接続され、また爆発的に増加する機器の種類もきわめて多様かつ従来予想できなかったものが次々出現している。このためIoT機器を安全に設置するには手動のデバイス・プロファイリングではもはや適切に対応できず、自動化が必須条件になっている。こうした複雑性に加え、現在多くのIoT機器は、Wi-Fi、Bluetooth、Zigbeeなど、いずれか単一の方式のみをサポートする別々のネットワークを何層も重ねた構成の上に接続されている。
同社の新しいClearPass Device Insightは機械学習とクラウドソーシングを利用し、有線/Wi-Fiネットワークに接続された全てのデバイスを、ベンダーを問わず自動的に検出し、フィンガープリント識別。Arubaデータサイエンス・ラボラトリは、カスタムのディープ・パケット・インスペクション(DPI)を利用して行動プロファイルを作成し、精緻なフィンガープリンティングを実現する高度なテクノロジー。ClearPass Device Insightのクラウド提供型プラットフォームは、情報を一元管理し、新たに導入されたデバイスを特定。Aruba ClearPass Policy ManagerやAruba Dynamic Segmentationのセキュリティ機能と併用することで、IT部門はデバイスやユーザー・レベルまで認証およびポリシー適用を自動化し、デバイスに指定されたロールに基づいて、さまざまなアクセス・ポリシーやルールを適用できる。任意のデバイスで異常な動作が検知されると、ClearPassが自動的に検疫するか、ネットワークから排除する。
同社は次世代の802.11ax IoT対応APのポートフォリオも拡張し、無線パフォーマンス要件の拡大に対応するとともに、IoTソリューションの早期導入を容易にした。組織が複数のネットワークを単一の統合インフラに集約することで、IT部門は各社のIoT戦略推進に付随する複雑さを軽減し、投資収益も向上する。統合ネットワークは、自動エンドポイント検出を通じてIoTを簡単に実装でき、モバイル・デバイス、ユーザー、および「モノ」に共通のポリシー・フレームワークを提供。
新しい530/550シリーズのAPは、2018年11月に発表された510シリーズと同様にIoTゲートウェイを必要としないため、複雑なネットワーク管理要件が発生せず、ITチームはプロトコルの異なる多様なIoTデバイスやセンサーを簡単に接続できる。新しいAPは、Wi-Fi、Bluetooth 5、Zigbeeプロトコルを全てサポートし、現在のIoTデバイスの74%を接続できる。

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company
https://www.arubanetworks.com/ja/