クラウド型勤怠管理サービス「AKASHI」と、 DDSの多要素認証ソリューション「EVEシリーズ」が連携 生体認証でクラウド勤怠管理に利便性と信憑性を

(株)ディー・ディー・エスは、多要素認証ソリューション「EVEシリーズ(EVE MA / EVE FA)」と、ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)のクラウド型勤怠管理サービス「AKASHI」の連携を開始することを発表した。
2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行され、残業時間の罰則付き上限規制、年次有給休暇の取得義務化、労働時間の適正化の義務化など様々な対応が事業者に求められている。管理者はこれまで以上に正確な勤怠管理が必要とされるが、タイムカードや紙の出勤簿、エクセルで勤怠管理を行っていては事務処理が煩雑となり、働き方改革関連法で定めている基準に沿った運用が困難となり大きな課題となる。
ソニーネットワークコミュニケーションズのクラウド型勤怠管理システム「AKASHI」は、パソコン、iPad、スマートフォン、ICカード(FeliCa)、専用打刻機等による打刻が可能で、従業員、管理者、どちらにとっても使いやすく柔軟性の高いシステムとして利用される一方、パスワード忘れや、ICカード忘れによる従業員、管理者への負担も課題となっていた。
今回の連携にて、「AKASHI」の打刻画面を「EVEシリーズ」のシングルサインオン(SSO)製品であるIDマネージャーに登録することで打刻時のSSOを実現。ユーザーは生体認証等を行うだけで「AKASHI」での打刻ができるようになり、パスワードレスで且つICカードが無い環境でも利用でき、従業員、管理者への負担を削減し、より簡単なタイムカード運用が可能となる。
「EVE MA」は、生体認証(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)、ICカード認証(FeliCa、MIFARE)、パスワード認証などを拡張性の高いプラグインアーキテクチャで提供。各種システムに対するID/パスワードでのユーザー認証を多要素認証方式に置き換え、確実な本人確認を行うことで、なりすましのリスクを低減。Active Directoryとシームレスに連携、組織・グループに対する柔軟な設定を可能にし、エンタープライズシステムの認証基盤における自在な認証設定を可能にする。
「EVE FA」は、各種システムに対するID/パスワードでのユーザー認証を、指紋認証、ICカード、およびパスワードを利用した二要素認証に置き換え、確実な本人確認を行うことで、なりすましのリスクを低減。Active Directoryで管理された端末およびワークグループ利用の端末における、Windowsログオンや業務アプリケーションでの認証を指紋認証や二要素認証に置き換え、様々な環境に向け、安全で利用しやすいシステム環境を提供。
クラウド型勤怠管理サービス「AKASHI」は、シンプルなデザインと操作性で、マニュアルがなくても簡単に管理が行える、マルチデバイス(パソコン、iPad、スマートフォン、ICカード(FeliCa)、専用打刻機等)対応のクラウド型勤怠管理サービス。10年以上かけて蓄積した勤怠管理システムの運用ノウハウを活かしたサポートや、週一度の機能改善など、ユーザー企業の利便性向上にも力を入れている。

(株)ディー・ディー・エス
https://www.dds.co.jp/