大容量蓄電池の販売をスタート

レッドホースコーポレーション(株)は、防災事業強化の一環として大容量蓄電池の販売をスタートした。この取り組みは、国重・ライティング(株)と商品販売契約を締結したことにより実現したもの。
同社が販売を開始した大容量蓄電池を導入することで、自然災害・大事故などが生じた際にいち早く電源を確保できる。これにより、地域住民の欠かせないインフラであるスマートフォン等の情報端末、照明や暖房器具などの家庭用機器、またPCなどの企業の事業継続に重要な機器類をすぐに稼動させることでさらなる被害を抑えることが可能となる。
大容量でありながら重量の軽量化を実現。今まで持ち運ぶ事のできなかった大容量蓄電池を携帯可能にしたことにより、屋外での利用や停電時に必要な場所に持ち運んで利用することでその可能性を十分に発揮する。さらに専用のソーラーパネルを使用する事で再充電が可能なため、大規模災害を想定した長期の停電の備えとしても必要不可欠となる。

レッドホースコーポレーション(株)
http://www.redhorse-corp.co.jp/workcontents/storage-battery/