CATEGORY 情報セキュリティ

情報セキュリティ

重要ファイルの持ち出しを防ぐ情報漏洩対策ソフト 「コプリガード Ver.5.0」発売 透かし印刷や管理ログ機能を新装備、重要領域を強化

(株)ティエスエスリンクは、ファイルサーバーやパソコンからファイルの持ち出しを禁止し、印刷・コピー・画面キャプチャーも禁止できるセキュリティソフト「コプリガード Ver.5.0」発売を開始した。 最新Ver.5.0では、…

高度化された、気付けない脅威をあぶり出す「APT攻撃予兆自動検出ソリューション」「SecBI」の販売開始

(株)インテリジェント ウェイブは、自律解析エンジンでプロキシ通信ログを分析し、隠れた脅威を発見する新「APT攻撃予兆自動検出ソリューション」製品である「SecBI」(セックビーアイ)につき、同製品を開発しグローバルで展…

「バーチャルIoTホームハニーポット」でIoTサイバーセキュリティ脅威を観測 横浜国立大学とBBソフトサービスが2018年度の共同研究を開始

 横浜国立大学と、BBソフトサービス(株)は、急増するIoTサイバーセキュリティ脅威の一般消費者への影響を調査し拡大を防ぐため、2018年7月から2018年度の共同研究を開始した。 プロジェクト名称:横浜国立大学・BBS…

2018年「テレワーク・デイズ」へ参加 パンデミックや災害対応を想定した 「オフィスを完全封鎖!1週間ロックアウト」を実施

パスロジ(株)は、2018年7月23日(月)~27日(金)に実施される、テレワークの全国一斉実施を呼びかける運動「テレワーク・デイズ」に合わせて、「オフィスを完全封鎖!1週間ロックアウト」にチャレンジする。 同社は以前か…

AIが社会や産業に浸透する際の課題を整理、解決の方向性等を提言「AI社会実装推進調査報告書」の公開

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、AIの社会実装に係る様々な課題を整理し、AIの社会実装を加速させるため、その課題解決のために行うべき事を明確にし、社会実装の方向性をまとめ「AI社会実装推進調査報告書」として公開…

日本と海外の脅威動向を分析した「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開 サイバー犯罪の狙いは「ランサムウェア」から「不正マイニング」へ

トレンドマイクロ(株)は、日本国内および海外における最新のセキュリティ動向を分析した報告書「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ:サイバー犯罪の狙いはランサムウェアから不正マイニングへ」を公開した。 ◆2018…

太陽光発電用パワーコンディショナ リモート監視サービスを開始 保守負担軽減、不具合時の発電損失を最小化

日新電機(株)は、クラウドを活用しパワーコンディショナの運用状況を遠隔から監視できるリモート監視サービスを開始した。同サービスは、設備の遠隔監視による見える化サービスと異常発生時に対応を行う見守りサービスにより、ユーザー…

セキュリティーサービス事業体制強化

三菱電機インフォメーションネットワーク(株)は、本年7月1日付で東京都港区に本社を置く子会社のジャパンネット(株)を合併し、同社におけるセキュリティーサービス事業を強化する。 同社は、ネットワーク、クラウド・プラットフォ…