CATEGORY 情報セキュリティ

情報セキュリティ

軍・大使館・外資系企業ニーズに合致した世界基準 記録メディア破壊装置「Crush Box」シリーズがパワーアップして新発売

 日東造機(株)では、「Crush Box(クラッシュボックス)」シリーズの圧壊力を1.5倍に高めたNewハイドロリックモーション機構「NITTOH Power」搭載のシリーズの受付を開始、10月24日より出荷を開始する…

ネットワーク機器の管理がさらに容易に アクセス管理ツールの「SmartGS」に新機能追加 ターゲットリストの階層表示に対応した無償評価版も提供

セイコーソリューションズ(株)は、ネットワーク機器やサーバーへのアクセスを管理するソフトウエア「SmartGS」にターゲットリスト階層表示機能を追加し、販売を開始した。また、新機能を含む製品版と同等の機能を120日間試せ…

IoTデバイスメーカのリスク対応を支援する新プログラムを開始 脆弱性に関するZDIの専門性を通じて繋がる世界を安全に

トレンドマイクロ(株)は、同社が運営する脆弱性発見コミュニティである「Zero Day Initiative(ZDI)」が、IoT製品に関する脆弱性のリスクを開発段階で最小限に抑えることを可能にする新たなプログラムを提供…

進化したAI技術で防御力を向上「ウイルスバスター (TM)」シリーズ最新版を発売 マルチプラットフォームをAI技術で守る

トレンドマイクロ(株)は、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版の発売を開始した。最新版では、Windows向けにファイルの実行前にふるまいを予測するAI技術を新たに搭載し、防御力の向上を図る。 また…

クラウド型ウェブアプリケーションファイアーウォール(WAF)の マネージド・セキュリティ・サービス取り扱いを開始 ソリューション拡充により企業のセキュリティ対策を総合的に支援

(株)GRCSは、ソフトバンク・テクノロジー(株)と協業し、クラウド型ウェブアプリケーションフ ァイアーウォールの Imperva Incapsula(インパーバ インカプスラ)及び SBT によるマネージド・セキュリテ…

最新型ウイルスへの対策として、導入負荷の低いエージェントレス型製品 「Symantec EDR Cloud」と監視を組み合わせたサービスを提供開始

 (株)日立システムズとグループ会社の(株)セキュアブレインは、最新型ウイルスへの対策として、(株)シマンテックのエージェ ントレス型ウイルス対策製品「Symantec EDR Cloud」とセキュリティアナリストによる…

映像とカメラにより生産現場での作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」を販売開始

沖電気工業(株)は、プロジェクションマッピング技術と画像センシング技術を活用し、生産現場での組立作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム(TM)」の販売を開始した。同システムは、OKIの取り組む…

ブロックチェーン、生体認証によって進む空港のデジタルトランスフォーメーション化 2023年までに空港のIT投資額は世界全体で46億米ドル規模に成長見込み

フロスト&サリバンは、空港のデジタルトランスフォーメーション化(DX)についての見通しをまとめ発表した。リサーチ「空港のデジタルトランスフォーメーション(DX)化:グローバル展望」によると、増加をたどる旅客輸送やこれに伴…

医療・金融・行政向けの個人情報をインターネット上でセキュアに連携 エストニア発セキュリティ基盤サービスとタイムスタンプで協業

セイコーソリューションズ(株)とPlanetway Corporationは、エストニア共和国の電子政府を支えるデータ連携基盤「X-Road」に、セイコーソリューションズのタイムスタンプサービスを組み合わせ、医療や金融の…

インターネット上の違法・有害情報対策の 2017 年実績を公開 民間の自主的取組み「セーフライン」で、 「リベンジポルノ」の相談者数、削除依頼数が大幅に増加

(一社)セーファーインターネット協会は、2017年(2017 年 1 月~12 月)の「違法・有害情報対策活動報告」を発表した。 同協会は現在、民間の自主的な取組みである「セーフライン」と、警察庁の委託事業であるインター…

重要ファイルの持ち出しを防ぐ情報漏洩対策ソフト 「コプリガード Ver.5.0」発売 透かし印刷や管理ログ機能を新装備、重要領域を強化

(株)ティエスエスリンクは、ファイルサーバーやパソコンからファイルの持ち出しを禁止し、印刷・コピー・画面キャプチャーも禁止できるセキュリティソフト「コプリガード Ver.5.0」発売を開始した。 最新Ver.5.0では、…

高度化された、気付けない脅威をあぶり出す「APT攻撃予兆自動検出ソリューション」「SecBI」の販売開始

(株)インテリジェント ウェイブは、自律解析エンジンでプロキシ通信ログを分析し、隠れた脅威を発見する新「APT攻撃予兆自動検出ソリューション」製品である「SecBI」(セックビーアイ)につき、同製品を開発しグローバルで展…

「バーチャルIoTホームハニーポット」でIoTサイバーセキュリティ脅威を観測 横浜国立大学とBBソフトサービスが2018年度の共同研究を開始

 横浜国立大学と、BBソフトサービス(株)は、急増するIoTサイバーセキュリティ脅威の一般消費者への影響を調査し拡大を防ぐため、2018年7月から2018年度の共同研究を開始した。 プロジェクト名称:横浜国立大学・BBS…